※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Mumbleの音声調整ウィザード


Mumbleの初回起動時にはMumbleの音声調整ウィザードが起動し、マイク感度などの微調整の必要があります。
他のVCソフト(Skype等)を使用していた場合や1.8からの乗り換えの場合はおそらく調整の必要がありません。
もし、問題があってもあとでウィザードは開始できます。
不要な方は次へ⇒Mumble1.2の接続設定



この画面以降、マイクが拾った音全てがスピーカーより再生されますが仕様ですので問題ありません。
複数の音声デバイスが接続されていないのであればデフォルトのままで大丈夫です。
もし音が出ないのであれば出力デバイスを変更してみてください。


ぶっちゃけページ作成者にもよくわかりませんが、私は一番左にしても問題がありませんでした。


必ずMumbleをプレイするときと同じ状況にし、ウィザードの説明どおりにしてください。
プレイ状況と違いがあれば設定しても意味がありません。



発言時、バーが緑の部分に入れば、音声が相手に送信されます。
その後、黄色の領域に入っていれば発言が続いていると判断ます。
赤色の領域の状態が一定時間経過すると発言が終わったと判断されます。


コツ:
AVAと同じくらいの音量で音楽を再生しながらやります。プレーヤーはWMPをお勧めします。
あれはPCのマスター音量と独立して音量の変更ができます。というよりマスター音量と独立して音量変更ができるプレイやならなんでもいいです(例:WMP・ニコニコ動画)
音楽は再生しているがしゃべっていないとき:唇が赤くなっていればVCに参加している人に音がハウリングします。


音質はバランスにしてください。
自分の回線に余裕があっても鯖の方に負担がかかるためやめてください
通知設定はお好みで。





完了をクリックする