誠に遺憾です

野田さんが言った言葉。ベリガイ民が作った言葉ではない。
の中で大流行となり、2012年度流行語大賞になった。
その後2013年度流行語  にも選ばれ、すべての用語の中で唯一2年連続でノミネートされた言葉。