※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

1904年(明治37年)2月8日から1905年(明治38年)9月5日、
は、大日本帝国とロシア帝国[4]との間で朝鮮半島と満洲南部を主戦場として発生した戦争である。両国はアメリカ合衆国の仲介の下で終戦交渉に臨み、1905年9月5日に締結されたポーツマス条約により講和した。