※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 やはり桜庭さんのこの時期の作品が好きだ。ライトノベルが好きな私からみれば、の話。

 躁鬱の激しいブルマ少女、まゆ14歳(実は21歳)。魅せることに喜びを感じる女王様、ミーコ(実はSMの女王様)。女性にモテる女性恐怖症の空手家、皐月(実は…)。彼女たちが毎夜働くのは、廃校の校舎を改良したファイトクラブ、それぞれが秘めた思いを胸に、たたかい続ける…。なんてお話。

 いちおうヒットするまえに書いた桜庭さんの作品らしいですね。オビコメントでかいてありました。とゆうことは「私の男」のまえ、ととらえてよろしいのだろうか、、、。
 桜庭さんの作品はだいたいは小さい女の子が主人公の作品が多い。また、虐待やら親殺しなんてけっこうぶっそうなことが主になっていたりしている。この作品は際物である。
 このようなことが主題になっているので、心情の変化などがけっこう読者側からするとおもしろいです。桜庭さんのファンの方は、どのような本が「ずばり」とくるのかわからなにので、とりあえず呼んでみればいいと思います。
 いまだに紹介文は下手ですな、、、