※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 最初、短編かとおもってしまっていたために、この本を読んでしまったことにたいしてつい後悔してしまった。シリーズのにおいしかせーへん、、、
 そしてなにげにメンバーが増えていく不思議。

 作品内容はですな「穂村チカ、高校一年生、廃部寸前の弱小吹奏楽部のフルート奏者。上条ハルタ、チカの幼なじみで同じく吹奏楽部のホルン奏者、完璧な外見と明晰な頭脳の持ち主。音楽教師・草壁信二郎先生の指導のもと、廃部の危機を回避すべく日々練習に励むチカとハルタだったが、変わり者の先輩や同級生のせいで、校内の難事件に次々と遭遇するはめに―。高校生ならではの謎と解決が冴える、爽やかな青春ミステリの決定版」とのこと。

 『結晶泥棒』
 一章です。一章ということはキャラの印象やらを伝える大事なところなわけなんですけれども、、、、みごとに変体キャラが発動してました。
 はなしの内容は、化学部から盗まれた劇薬の行方を追うというもの。題名道理ですけどね。上条ハルタがだいぶ危ないやつってことはわかりました。
 感想はですね、おちのほうが、、、ちょっと、みたいなかんじでした。だいたい予想がついたような終わり方でしたね。予想しやすかったていうのもいいのかもしれませんけど、個人的にはそんあおもしろいとはおもしろいとはおもえませんでした。

 『クロスキューブ』
 上条ハルタの変人度におどろ起案したけど、この章もだいぶキャラが強いのがでてきました。名前はださずして。まぁこのキャラに関してはギャップがすごかったですからね。いや、それはおいておき、、
 このはなしは六面全部が白いルービックキューブの謎に迫るというはなし。
 うーむ、、、どうもミステリの感想は苦手だ。

 『退出ゲーム』
 このはなしはどちらかといえばギャグ方面だったようなきがする。はなし内容は、即興劇対決で演劇部と吹奏学部がどちらが先に退出するかというゲーム。
 退出しようとしたときの阻止のしかたにちょいと笑った。

 『エレファンツ・ブレス』
 この話がなんだかんだいって一番楽しかったようなきがする。変体の人間のキャラがよかった。兄弟がおもしろかったです。
 このはんしの内容はですな、、、説明できない。簡単にいってしまうと、いまだに解明されていない『エレファンツ・ブレス』という色についての不思議を追求するはなし。
 後輩がかわいかったよね、うん。

感想が雑なのはご勘弁。