※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

西尾作品もずいぶんとひさしぶりだったわけなのですが、、、、。なんだかんだいって西尾さん読んだ本で初のミステリだったかも、、、、。

 作品内容は「ネットカフェ在住の元警視庁警視・根深陽義、就職浪人・窓居証子、人気小説家・窓居京樹が京都で発生した殺人事件の謎に挑む。「戯言シリーズ」「化物語」で人気沸騰中の西尾維新が放つ、怪心の新・スイリ(推理)小説」です。

 まぁミステリ苦手なわけですけど(自分が)、、、どちらかというとキャラをみせてくるようなかんじでしたので、新・スイリ小説でしたね。まだ意味わからんけども、、、。
 読む前に「この厚さはなんなんだ」とかいってたら、ほとんど会話がだったためにわりとはやく読み終わりました。というより捜査はじめたのが半分くらいのタイミングだったからね。
 ミステリ自体がそんな好きってわけでもないんでそんなにないんでども、、、、
 なんかぐだってすみません。(だれにいってるのやら)