計算プログラム


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

計算プログラム


以下の2つのプログラムをオンラインでの仕様に変更。

エンチャ総確率計算プログラム

よく使うのに暗算では意外とめんどうな計算.

OPR期待値計算プログラム

任意のOP数値を得るために必要な,OPRの総費用を計算する.

1.装備する部分とOP数を選択式にしてOPレベルと期待する数値(x以上)を直接入力で取得する.
2.1回あたりのOPR費用を直接入力で取得する.
3.任意のOPがつく確率と任意の数値以上がつく確率を求める.
4.OPR成功確率50%として,3の確率と1回あたり費用で,総費用を計算して出力する.

あらかじめ装備する部分につくOP数データと,OP数値幅データが必要.
数値幅はエンチャント数値表から外部ファイルで.datを作ってそこから関数で取得すればおk.

フローチャート

ファイル:エンチャント数値幅.dat
選択n:緑1、青2、黄3、赤4
選択m:武器12、耳指輪8、頭6、トップスボトムス手袋靴7、眼鏡ストビンディ7、精霊石16
選択o[]:任意のステ配列o[3](初期化必須)
取得l:数値l以上
取得cost:1回あたりの費用

n = 実際のOP数、 m = 可能なOP数
o[] = 選択したデータの数値上限lmをファイルから返すループ、
選択上限数nまでループで数をr、0以下か超えていたらエラー、非選択エンターは残りをNULL、
l が0未満または数値幅longの上限値lmを超えていたらエラー、ループでl上限値までの数をdiff

任意のOP確率probの計算
prob = nCr*diff / mCr*long

固定成功確率spも考慮した総費用Σcostの計算
Σcost = cost * (100/prob) * (100/sp)
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|