物理魔法防御減少


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「防御力減少」の効果について

ターゲット防御力減少によって増えるダメージ=防御力または抵抗力によって減少されたダメージ*ターゲット防御力減少

\exp(-\frac{R}{R_x}) を還元する効果となる。

即ち、防御力減少が100%になると竹坊に対するダメージとほぼ一致する。(固定ダメージ減少などでは変わる)
本条件と総ダメージ計算の近似式から下方の表の通り防御減少によって増えるダメージが概算で計算可能となる。
なお、魔法の場合Rxが別の値となり、この効果は更に大きくなる。



ギルドアクセセットとインフェルノセットの判定基準

[クリ率とクリダメ]の式より判定基準を出す事が可能

通常ダメージ平均をL'
クリティカル確率をp、増分を\delta p
クリダメ率をK、増分を\delta K
防御減少によるダメ増加率をT、その増分を\delta T
敵の防御力によりダメージが減少されている率をdとする。
計算すべきは以下の式である。

L'\{1+d(T+\delta T)\}\{(p+\delta p)(K+\delta K-1)+1\}

補注)
元のクリティカル率やクリティカルダメージが高い場合、
増えた分の効果は相対的に低くなるため、
よりインフェルノセットの方が効果が高くなる。
(というか掛け算でダメージ式に入ってきているから当たり前なのだが・・・)
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
添付ファイル