※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

予約イベント「千早姫」

マスターシーンです。
登場判定の目標値は10(財産点使用で達成値上昇が可能)
 薄暗い夜の街道。降りしきる雨の中。
ヒナギクと別れた後。2人は急ぎマキナの待つ「舎人の渡し」へと向かっていた。
夜闇が味方である間に、どれだけ追手からの距離を稼げるかが問題だ‥‥

GM/糸目侍女:「っ」 どうやら足を挫いている様子。歩き方がややぎこちない。
GM/千早姫:「‥‥朱鷺。済まぬが、少し休憩が欲しい。わらわは旅慣れておらぬ」
GM/糸目侍女:嘆息。「姫様は相変わらずでらっしゃいますね」
GM/糸目侍女:「嘘をつくとき、眉根を寄せてしまう癖が治ってませんよ」
GM/千早姫:「うぁ」 とっさに手を額に当ててから、気づく。「‥‥こら、朱鷺!」
GM/糸目侍女:「ふふ。お言葉に甘えさせていただきましょう。そちらの樹の陰に」

 如月城から脱出して以来、ようやく2人は身体を休めることができた。
腰を下ろした途端、一気に疲労が押し寄せてくる。緊張の連続だったのだ。
暴力的な眠気に抗いつつ、ふと千早姫は夜空を見上げる――

GM/糸目侍女:「‥‥何か見えますか?」
GM/千早姫:「三日月が雲間から覗いておるの」
GM/糸目侍女:「満月でなくて助かりました。この雨にも救われましたね」
GM/千早姫:「‥‥ずぶ濡れで旅をするのは大変じゃと骨身にしみて判った」 嘆息。
GM/千早姫:「もっと街道を整備せねばな。屋根‥‥休憩所‥‥維持‥‥手配が‥‥」

 ぶつぶつと物思いにふける千早姫の様子に、侍女は思わず噴き出した。

GM/糸目侍女:「‥‥そんな事を考える村娘などいませんよ。姫様」
GM/千早姫:「む。いかんな。せっかく着替えたのに」

 道中で衣装を調達し、2人は着替えたが‥‥あまり効果はなさそうだ。
やはり、夜明けまでに距離を稼ぐ。そのことに専念すべきだろう。

GM/千早姫:「この服は少し肌に痛いが、動きやすくて便利じゃな。気に入ったぞ」
GM/糸目侍女:「‥‥普段着に、という意見なら却下ですよ。姫様」
GM/糸目侍女:「姫様がそんな粗末な衣装をお召しでは、城内の皆は何を着てよいやら」
GM/糸目侍女:「贅を尽くせとは申しませんが、せめて外聞に障りなきよう御配慮を」

 軽口を叩き合ううちに、だいぶ姫も自分も体調が整ってきたようだ。
そろそろ出立を提案しようかと考えた矢先‥‥ 千早姫が、ぽつりとつぶやいた。

GM/千早姫:「‥‥朱鷺。鳥居は‥‥何故‥‥?」
GM/糸目侍女:「姫様。それは」 眼を逸らす。「今、考えても仕方のないことです」
GM/糸目侍女:「きっと槇那様なら良い知恵を貸して下さることでしょう」
GM/千早姫:「‥‥そうじゃな。全てはマキナと合流してから後に考えるとしよう」

 千早姫と侍女は共に夜道を歩きだした。目的地まであと数刻。

GM/糸目侍女:(御国の一大事に、異人の、それも子供を頼るのは情けないけれど‥‥)
GM/糸目侍女:(きっと鳥居の叛意には、事前に気づいていたはず)
GM/糸目侍女:(‥‥素直に千早姫を助けてくれるかしら。そこが問題ね)
GM/千早姫:「朱鷺。心配無用じゃ」 にこり。
GM/千早姫:「わらわが見込んだのは、マキナの見識だけではない」
GM/糸目侍女:「はい」 

 しっとりと雨の降る中。女2人の旅は続く。

GM/千早姫:「‥‥朱鷺。ひとつだけ頼まれてくれんか」 その視線は前に向けたまま。
GM/糸目侍女:「はい」 その口調に只ならぬ決意を感じて。
GM/千早姫:「比奈森雛菊殿の、ことだ」
GM/糸目侍女:「‥‥‥‥」

 あえて、避けていた話題だった。

GM/千早姫:「わらわ亡き後、比奈森雛菊殿が健在であった場合‥‥」
GM/糸目侍女:「姫様ッ!」
GM/千早姫:「――絶対に守り通せ。まだ如月国には“千早姫”が必要じゃ」
GM/糸目侍女:「姫様! そのような!」

 ――千早姫の言葉の意図は明確だった。
「“影武者”比奈森雛菊を無事に守り通す」ためには、事情に通じた彼女の力が必要だ。
つまり、主命を果たすため、彼女は千早姫の死を見届けた後も生き延びねばならない。
‥‥「自身を犠牲にして、千早姫を落ち延びさせる」ことさえ、決して許されない‥‥

GM/千早姫:「そんな顔をするでない」 苦笑しつつ。
GM/千早姫:「まだ、わらわが必ず死ぬと決まったワケでもあるまいに」
GM/糸目侍女:「‥‥‥‥」
GM/千早姫:「ほ、ほれ。比奈森雛菊殿はわらわの恩人じゃろう?」 ちょっと頬が赤い。
GM/千早姫:「なんとかお連れの方々と一緒に、故郷に帰してやりとぉてな」
GM/千早姫:「‥‥まぁ、あそこまで女装の似合う御仁が存在するとは思わなんだが」

 ぷっくっく。化粧を施されている最中の、ヒナギクの表情を思い出して笑う。

GM/糸目侍女:‥‥ええ。あんなに肌もすべすべで。化粧のノリも良くて」
GM/糸目侍女:正直、ちょっと妬けましたね」 無理に微笑む。
GM/千早姫:「己の顔があんな風に見えるとは気付かなんだわ。‥‥鏡とも違う。実に面白い」
GM/糸目侍女:実の兄弟姉妹ですら、あそこまでは似ません。不思議なものですね」

 千早姫は幼い頃に弟を亡くしていた。だが、仮に、その弟が無事に育っていたとしても
‥‥ヒナギクほど姫に似た容貌にはならなかっただろう。

GM/糸目侍女:ですが。比奈森様は姫様を守るために“影武者”役を引き受けたのです」
GM/糸目侍女:‥‥彼の心遣いを無駄にしてはなりませんよ。姫様」
GM/千早姫:「ああ。そうじゃな‥‥弱気であった。許せ」

 突如、微笑みあう2人の頭上に、網が降りかかる!
敵兵に待ち伏せされていたのだっ!

GM/糸目侍女:‥‥姫様っ?!」
GM/千早姫:「くぅ‥‥っ」 背後の茂みから伸びてきた太い腕に捕まるっ
GM:超強いエキストラ忍者:「千早姫‥‥」
GM:超強いエキストラ忍者:「鳥居様の命により、御身を如月城へとお連れさせていただく」

丈:ではそこで「割り込み登場」を使用して登場!(ダイスを振る)出目8で登場判定成功!
GM:む。では、そこに割り込んでOK!

丈: しゅた、と音もさせず超強以下略の後ろに降り立って
丈:首を掻っ切るのだぜ

 ‥‥一瞬の出来事であった。
千早姫の視線を一瞬、なにかが横切ったと思った直後――
血を噴き出しながら、大柄な巨漢が茂みから、どうと倒れる!
そして、周囲に隠れていた忍者集団(それなりに強いエキストラ)が一斉に殺気立つ!

丈:ではその気配が一つ、また一つと消えていくぜ
GM/千早姫:「何が‥‥何が起きて、おるのじゃ?」 少しせき込みつつ。
GM/糸目侍女:「判りません‥‥ですが」 ちゃきっと。どこからか取り出した薙刀を構えつつ。
GM/糸目侍女:「どうやら鳥居の手の者が誰かに斃されているようです」
丈:では、周囲から気配が消えた辺りで
丈:刀に血振りをくれながら、二人の前に現れましょう。

GM/糸目侍女:「お待ちなさい」 薙刀をキミに向けつつ。「‥‥忍び?」 思わずつぶやきが漏れる。
丈:「少なくとも、そちらを襲おうとしてた連中はそうだろうな」と、問いには答えず。
GM/千早姫:「朱鷺」 たしなめる声。侍女の制止を振り切り、キミの前に進み出る。
GM/千早姫:「‥‥まずは礼を言うぞ」 うなずく。
GM/千早姫:「わらわは千早。この如月国の姫じゃ」
丈:「礼はいらないさ。こちらも仕事なのでな」
丈:刀を鞘に納めると、雨に濡れた笠を持ち上げて、姫を名乗る人物の目を見る。
GM/千早姫:「仕事であろうと、わらわと朱鷺が救われたことは変わらん」
GM/千早姫:「褒美を取らせてやりたいが‥‥生憎、城には戻れぬ立場でな」
GM/千早姫:「そなたの名を訊ねてもよいか?」 無防備にキミに歩み寄る。後で侍女があわあわしてるw
丈:「丈(じょう)、と言う」
GM/千早姫:「じょう、か」 にこやかに。「良き響きじゃな。お主の凛々しい姿に映える」
丈:「褒めても何も出せんがね」
丈:「さて、どちらにしろ、ここに留まるのは不味い。どこかに動いたほうがいいだろうな」
丈:周りの骸を川にでも叩き落すか、と考えながら
GM:ああ、移動した方がよいことは2人も同意するので、歩きながら会話を続行しましょう。
GM:遺体などの処置は適切に行われたことで。PC側の不利にはしません。

 **  **  **

GM/糸目侍女:「‥‥では、丈殿にお伺いいたします」 姫の横に並びたちつつ。
GM/糸目侍女:「助けたのは仕事のついで、とのことですが‥‥ 貴女の目的は?」
丈:「ああ、誰からとは言えぬが。そこの姫様を陰謀渦巻くこの国から連れ出せ、との依頼でね」
GM:その言葉に、千早姫と糸目侍女は苦り切った表情を浮かべる。
GM/千早姫:「この如月国をこのままにして、わらわだけ逃げ出すわけにはいかぬ」
丈:「ああ、そういうだろうとも言われた。とはいえこちらも仕事だからな」
丈:どうせこのまま素直に逃がしてもらえそうにもないしな、と声に出さず呟く
GM/千早姫:「‥‥わらわを連れ出した“後”のことは?」
丈:「連れて行くまで、が仕事だ。その後は今のところ特にないね」

GM/千早姫:「‥‥ならば、2つほど頼まれてはくれぬか」
GM/千早姫:「その頼みを呑んでもらえれば、わらわは丈殿と一緒に赴こう」
丈:「内容は?」
GM/千早姫:「1つ目は‥‥“もう一人の千早姫を助けてほしい”じゃ」
GM/千早姫:「2つ目は、“わらわが如月国に戻るとき、手助けをして欲しい”じゃな」
GM/千早姫:にやり。
GM/糸目侍女:「‥‥‥‥」 こっそり嘆息。
丈:「フッ‥‥」と、苦笑を浮かべつつ
丈:「2つ目については、報酬次第。1つ目については事情を聞かせてもらおう」
GM:では、キミは千早姫から事情を聞いた、ということでw
GM:だいたいの状況を把握できてOKですよー
丈:ういす

GM:ええと。この予約シーンはミドル1の前に挿入される形になるんだね。こうなると。
GM:ちと変則的ですが、ミドル1に丈が乱入したのは、こーゆー経緯だったと!w
丈:ういうい

シーンEND

GM:舞台裏いきましょう
“天”の槇那:購入するものはないよな……
ジーザス:未登場分(ダイスを振る)12MPまで回復。
“天”の槇那:MP回復(ダイスを振る)9点まで回復した。
柳生真:MP回復(ダイスを振る)11点まで回復した。
ヒナギク:(ダイスを振る)6MP回復しました。
GM:ええと。とりあえず全員が舞台裏回復おわったね?
GM:ならミドル2いきますよー
柳生真:はーい
ヒナギク:はいな


|