※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


予約イベント「崩れた講和」

マスターシーンです。
登場判定の目標値は12。財産ポイントで底上げ可能です。

 ※ 伝播の街での交渉に失敗した後、如月城へと戻る途中のシーンです。
  「暗殺計画を阻止せよ!」が開示されていれば登場判定に+4。

 希望を胸に抱きつつ、千早姫は自ら伝播の街へと乗り込んだ。
だが‥‥彼らには、最初から、千早姫と話すつもりなどなかったのだ。
拒絶され、嘲笑われて。失意のまま、彼女は帰路についていた。

千早姫:(一時期、隆盛を誇る伝播の街を、如月城は敵視しておった‥‥)
千早姫:(父上の時代に、その対立は平和的に解決され、再び交流が始まった)
千早姫:(だが、それは‥‥)
千早姫:(如月城の権威を、伝播の街が認め、献上していただけで)
千早姫:(一方的な搾取に過ぎなかった。‥‥あの住民たちの態度は当然じゃ)
千早姫:(その事に早く気づき、是正できていれば‥‥っ) 悔しそうに。

 鳥居は気づいてたから、自分の謀反に介入させない方向で根回ししたけどね!w
いかに千早姫が聡明で改革的な国主だとしても。経験不足までは補えない。

千早姫:(そして‥‥あのような屈辱的な)

 千早姫の脳裏に、伝播の街の若き領主のささやきが蘇る。
ここから回想です。領主の館にて。2人きりで会話している場面ですね。

伝播領主:「姫様。わたしも男です」
伝播領主:「美女の頼みとあれば、快くお引き受けたいとは思いますが‥‥」
伝播領主:「この如月国は、わたしたちの国ではない」
千早姫:ハッと顔を上げ。「‥‥それは‥‥っ!」

伝播領主:「事実です」
伝播領主:「わたしたちが大罪人の末裔であることも」
千早姫:「‥‥‥‥」

伝播領主:「そして」
伝播領主:「聡明な千早姫ならば。もうお気づきのはずですよ」
伝播領主:「この度の謀反騒ぎがなぜ起きたのか?」
伝播領主:「‥‥如月国に相応しい統治者が居ないからです」
千早姫:「わらわでは不足じゃと?」
伝播領主:「姫様は学問に秀でておられますが、政り事には不向きですね」
伝播領主:「わたしはお待ちしますよ。姫様のお返事を」
伝播領主:「今の千早姫様に。そして、この如月国に何が必要なのか」
伝播領主:「もう一度ゆっくりと考え直していただきたい」
伝播領主:「‥‥まぁ、しばらくは“戦争ごっこ”でお忙しいかもしれませんが、ね」
千早姫:「~~~~ッ!!」 わなわな。


回想終了。

千早姫:「わらわを娶れば、あの男が如月国の国主に‥‥」
千早姫:「そうなれば、伝播の兵も動く‥‥ 民が救われる‥‥」
千早姫:「‥‥‥‥」

 駕籠に揺られながらずっと考え続けていた千早姫。
彼女の耳に、剣撃と悲鳴が届いた!

千早姫:「何事じゃっ?!」

 伝播の街で行われた秘密会談。
だが、その情報を嗅ぎつけた“誰か”は千早姫の暗殺を企んだらしい。

 ‥‥彼女が最期につぶやいた言葉は。誰かの名前だった。

シーンEND

|