※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

[紅月 一真]
2007-05-27:成長適用。

■基本データ
【コロナ】 聖戦士
【ミーム】 フォーリナー/アムルタート
【ブランチ】装着者/プレデター
【獲得経験点】13
【消費経験点】12(能力値:0 特技:12 装備:0 パスの追加:0 ブランチの追加:0)

■能力値/耐久力
【能力値】    肉体:7  技術:6  魔術:5  社会:4  根源:12
【戦闘値元値】  白兵:7  射撃:7  回避:7  心魂:6  行動:7
【戦闘値修正値】 白兵:7  射撃:7  回避:7  心魂:6  行動:7
【HP】     元値:15  修正値:55
【LP】     元値:10  修正値:10

■宿命/特徴/闘争/邂逅
 宿命:勇者  特徴:勇気の証  特徴効果:[Ses1]自分が受けた実ダメージを-10
 闘争:高潔な魂  邂逅:冥龍皇イルルヤンカシュ

■初期パス
 【因縁】冥龍皇イルルヤンカシュからの親近感

■準備された装備
 部位:名称(必要能力/行動修正/ダメージ/HP修正/射程/備考/参照P)
 右手 :誓いの龍爪(フレアブレード) (必:-/行:0/ダ:【根】×2+3D6/HP:0/射:至近/CF095)
 左手 :素手             (必:-/行:0/ダ:【肉】/HP:0/射:至近/―)
 胴部 :制服(チェインメイル+《無敵装甲》)(必:【肉】5/行:0/ダ:―/HP:40/射:-/CF131)
 その他:               (必:―/行:―/ダ:―/HP:―/射:―/―)
 乗り物:オートバイ          (必:-/行:0/ダ:―/HP:0/射:なし/CF132)

■コロナ特技
【CF088/自/ク/なし】◆勇気ある誓い
 1度の判定でソフィアに合致しているフレアを何枚でも出せる
【CF088/自/効/なし】不死鳥の炎
 〔Sin1〕[死亡][戦闘不能]を[覚醒]に置き換え、【HP】0【LP】1にする
【CF088/白/メ/なし】捨て身の覚悟
 [白攻]のダメージ+[差分値]×2。自分も同ダメージを受ける
【CF088/自/オ/6H】虹色の希望
 〔Sin1〕[メインプロセス]中に使用するフレアを全て自分のソフィアとして扱う

■ミーム特技
【CF095/自/常/なし】◆無敵装甲
 選択した防具の[HP修正]+[【根】×2]
【CF095/自/セ/フ2】フレアブレード
 フレアブレードを準備する。【根】×2+3D6、部位:片手、行動値修正:±0、射程:至近
【CF104/自/マ/なし】◆勇者の証
 次の[白攻][射攻]のダメージ+【肉】
【CF102/自/オ/なし】ドラゴンアウェイク
 宣言:[覚醒]直後。攻撃のダメージが+10され、[防:肉]獲得
【CF103/白/メ/3H】巨竜の咆哮
 [白攻]を行う。ダメージに+[差分値]
【CF092/自/オ/なし】憤怒
 〔Sin1〕[覚醒]専用。[白攻][射攻]のダメージ+【最大HP】
【CF103/時/常/なし】龍の逆鱗
 [覚醒]時のみ判定のダイスの数が+[Lv+2]個される
【CF103/白/メ/3H】龍の一撃
 [範囲]の対象に[白攻]を行う

■装備(準備済みアイテムは除外)
[CF132]思い出の品(部:-/射:な/HP:+0/[Ses1]【HP】をいつでも[2D6]回復)


■属性防御
 肉体:× 技術:× 魔術:× 社会:×

■戦術、設定、メモなど
名前:紅月 一真(あかつき かずま)
性別:男性 年齢:17
髪色:赤茶 眼色:赤茶 肌色:黄色系

「物心ついた時にばぁちゃんが聞かせてくれた。『お前のお爺ちゃんは龍の英雄なんだよ』ってな。―――あん時はボケでも入ったかと思ったぜ。でも今はしつっこい位に解る。オレの中に龍の血が流れているってことがな」

 遠い昔、何らかの理由で地球へと渡ってきたアムルタートの龍英雄を祖父に持つ少年。地球にて普通に学生生活を送っていたのだが、ある日の放課後に突如召喚され、オリジンへと界渡りを(本人の意思とは無関係に)果たす。ヴィンラントの首都・リースリングでの戦闘においてダスクフレアを打ち倒した後は、界渡りの際に目撃した”龍族の国”を当面の目的地とし、自分もろとも界渡りした愛用のバイクでオリジン各地を旅している。それと並行して地球への帰還方法も探してはいるが、優先度は高くないようだ。

「目の前で泣いてるヤツがいる。そしてオレには彼女を助けられる力がある。そんだけ揃ってりゃ、てめぇとドンパチやるには十分だ!」

 彼の持つ絶対防具アルマチュアは、通常時こそ学生服(それでも孤界を渡ったことによって、幾分か強化されている)であるが、一度起動すればアムルタートの龍、特に”狩猟者”と呼ばれる者を模したデザイン(言ってしまうと、彼の祖父の外見にそっくり)へと変貌し、所有者に攻防一体の力を与える。一真自身は武道の経験はないが、体内に流れる龍の血の記憶に基いた戦闘スタイルは、訓練を受けた兵士にも匹敵する。むしろ精神的な要素を考慮すれば、彼の方が上と考えることも出来るだろう。
|