※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

名前:海藤 裕治(かいどう ゆうじ)
性別:男 年齢:16 身長:178cm 体重:65kg

■基本データ
【コロナ】 聖戦士
【ミーム】 フォーリナー/富嶽
【ブランチ】切り札/武士
【消費経験点】0(能力値:0 特技:0 装備:0 パスの追加:0 ブランチの追加:0)

■能力値/耐久力
【能力値】    肉体:6  技術:6  魔術:5  社会:5  根源:14
【戦闘値元値】  白兵:5  射撃:5  回避:8  心魂:9  行動:7
【戦闘値修正値】 白兵:5  射撃:5  回避:10  心魂:9  行動:16
【HP】     元値:16  修正値:52
【LP】     元値:10  修正値:10

■宿命/特徴/闘争/邂逅
 宿命:決戦存在  特徴:不屈の闘志  特徴効果:最大HP+5
 闘争:神殺し  邂逅:執着/“神の槍”ハラルド・トールズセン

■初期パス
 【因縁】“神の槍”ハラルド・トールズセンからの執着

■準備された装備
 部位:名称(必要能力/行動修正/ダメージ/HP修正/射程/備考/参照P)
 右手 :打刀             (必:―/行:-2/ダ:【根】28+1D6/HP:―/射:至/絶対武器/CF128)
 左手 :カイトシールド        (必:【技】3/行:―/ダ:―/HP:6/射:―/【回】+2/CF131)
 胴部 :武者鎧            (必:【技】6/行:―/ダ:―/HP:25/射:―/―/CF128)
 その他:数珠             (必:―/行:5/ダ:―/HP:―/射:―/―/CF133)
 乗り物:オートバイ          (必:―/行:―/ダ:―/HP:―/射:―/[登場判定]+2。同乗者の代わりに[リアクション]可/CF132)
 予備1:               (必:―/行:―/ダ:―/HP:―/射:―/―/―)
 予備2:               (必:―/行:―/ダ:―/HP:―/射:―/―/―)
 予備3:               (必:―/行:―/ダ:―/HP:―/射:―/―/―)

■特技
▼コロナ
【CF088/自/ク/なし】◆勇気ある誓い
 1度の判定でソフィアに合致しているフレアを何枚でも出せる
【CF088/白/メ/なし】捨て身の覚悟
 [白攻]のダメージ+[差分値]×2。自分も同ダメージを受ける
▼ミーム
【CF093/自/常/なし】◆絶対武器
 ダメージの基本能力値と属性を【根】に変更
【CF093/白/メ/4H】夜明けの一撃
 《絶対武器》で[白攻]を行う。ダメージ+[差分値]
【CF114/自/常/なし】伝来の武具1
 [分類:富嶽]のアイテムを[Lv×10]経験点分常備化する
【CF115/自/常/なし】法定
 [白攻][射攻]のCT値を10にする
【CF115/自/常/なし】電光石火
 【行】に+【技】
【CF116/白/リ/2H】◆秘剣・居合い斬り
 [白攻]に対して[突返]。[白攻]武器専用。射程制限有

■装備
[CF128]打刀(部:片/射:至/HP:+0/【魔】×2+1D6)
[CF128]武者鎧(部:胴/射:―/HP:+25/)
[CF131]カイトシールド(部:片/射:―/HP:+6/【回】+2)
[CF132]オートバイ(部:乗/射:な/HP:+0/[登場判定]+2。同乗者の代わりに[リアクション]可)
[CF133]数珠(部:そ/射:な/HP:+0/【行】+5)
[CF134]ヘルメット(部:-/射:な/HP:+0/[騎乗状態]からの[転倒]や落下ダメージを2D6減少)
[RE002]手作りお弁当(部:―/射:―/HP:―/【HP】を【根】だけ回復。消耗品)
[RE002]学食の食券(部:―/射:―/HP:+0/[獲得コスト]8以下の[食事]の効果を受ける。消耗品)
[RE002]学生証(部:―/射:な/HP:+0/[獲得コスト]12以下の[食事][サービス]の効果を受ける判定に+2)
[RE002]みんなで撮った写真(部:―/射:な/HP:+0/〔Sin1〕フレアを1枚獲得する。1個制限)
[RE002]薔薇十字の指輪(部:―/射:な/HP:+0/【根】+2。12を超えても構わない。1個制限)

■属性防御
 肉体:× 技術:× 魔術:× 社会:×

■戦術、設定、メモなど
▼設定
 都内の某高校に通っていた1学生に過ぎない。もっとも,機を見る天性のカンでもあるのか,意外に的確な行動をとるタイプ
 宝永が宇宙怪獣に襲われる最中に織田上総介信長によって召喚され,その騒ぎの中で彼女といろいろ有った……んじゃなかろうか

 イメージとしては池上遼一氏が描く青年。背中に大きな刀傷でもあれば,もう完璧
|