※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

名前:”死神さん”クロエ・クルー・リアラッハ
性別:♀
年齢:便宜上15歳

■基本データ
【コロナ】 光翼騎士
【ミーム】 アムルタート/オリジン
【ブランチ】ジェネラル/リターナー
【消費経験点】3(能力値:0 特技:3 装備:0 パスの追加:0 ブランチの追加:0)

■能力値/耐久力
【能力値】    肉体:12  技術:5  魔術:3  社会:11  根源:3
【戦闘値元値】  白兵:9  射撃:9  回避:4  心魂:4  行動:8
【戦闘値修正値】 白兵:9  射撃:9  回避:4  心魂:4  行動:8
【HP】     元値:19  修正値:69
【LP】     元値:8  修正値:23

■宿命/特徴/闘争/邂逅
 宿命:死  特徴:不老  特徴効果:年を取らない
 闘争:呪い  邂逅: 

■初期パス
 【因縁】エレナ・イセンガルドからの共感

■準備された装備
 部位:名称(必要能力/行動修正/ダメージ/HP修正/射程/備考/参照P)
 右手 :               (必:―/行:―/ダ:―/HP:―/射:―/―)
 左手 :               (必:―/行:―/ダ:―/HP:―/射:―/―)
 胴部 :               (必:―/行:―/ダ:―/HP:―/射:―/―)
 その他:龍皇軍            (必:-/行:0/ダ:【社】×2+2D6/HP:0/射:シーン/CF105)
 乗り物:エリヴァーガル機関車     (必:【根】3/行:0/ダ:―/HP:20/射:-/CT058)
 予備1:暴龍のメダリオン       (必:-/行:-/ダ:―/HP:30/射:自身/NV01)
 予備2:スヴァーリンのルーン     (必:-/行:-/ダ:―/HP:-/射:自身/NV01)
 予備3:学生証            (必:-/行:0/ダ:―/HP:0/射:なし/RR024)

■コロナ特技
【CF090/自/効/なし】◆光翼の盾
 〔Sce1〕宣:戦闘開始時。1シーン、ダメージ-[代償フレアの枚数×4]
 代償はソフィアが合致していること
【CF090/自/オ/なし】銀の守護者
 宣:命中直後。エンゲージ内の味方一人の代わりにリアクションを行なう
【CF090/自/オ/フ1】きらめきの壁
 宣:命中直後。対象が[範囲]の攻撃の対象を自分1人に変更する
【RR024/自/セ/2H】アイドル
 このターンの対象の[メジャー]の[達成値]+1

■ミーム特技
【CF101/自/オ/効参】◆生死去来
 [戦闘不能]を解除し、【HP】を【根】だけ回復。【LP】を[1D6]失う
【IJ051/自/常/なし】墓所の超越者
 [防:技]【最大LP】+5を得る
【CF096/自/ダ/なし】カバーリング
 対象が受けるダメージを代わりに受ける
【CF105/自/常/なし】◆龍皇軍
 配下の龍皇軍を得る
【CF102/自/常/なし】不壊なる者
 【最大LP】+10

■装備
[CF105]死龍兵団(部:そ/射:シ/HP:+0/龍皇軍相当品/【社】×2+2D6。《龍皇軍》で獲得。[種別:射撃(軍団)])
[RR024]学生証(部:-/射:な/HP:+0/[獲得コスト]12以下の[食事]の効果を受ける判定に+2)
[NV01]ドラゴンソウル(部:-/射:自/HP:+-/ススヴァーリンのルーン相当/光翼騎士専用。常時発動。他人をかばった際の倍加されたダメージを1倍に戻す)
[NV01]ドラゴンブラッド(部:-/射:自/HP:+-/暴龍のメダリオン/光翼騎士専用。【最大HP】+30)
[CT058]ドラゴニックオーラ(部:乗/射:-/HP:+20/エリヴァーガル機関車相当品/[登場判定]+2。[防:肉]獲得。[飛行状態]で登場可能。[転倒][水中]無効)
[RR024]みんなで撮った写真(部:-/射:な/HP:+0/〔Sin1〕フレアを1枚獲得する。1つまで所持可能)
[IJ074]ポルダーガイスト(部:-/射:な/HP:+0/使用人相当品)


■属性防御
 肉体:○ 技術:○ 魔術:× 社会:×

戦術、設定、メモなど
  • 設定
大戦当時、卵が孵る寸前にエヌマ・エリシュの近くで炸裂した時空振動弾の影響でオリジンに弾き飛ばされて生まれた。
溢れるほどの死と滅びの中で生まれたが故に、常に死と共にあり、それゆえ死から逃れる方法に長けていた。
大戦という特殊状況である事とそのあまりに特異な才覚から龍将に任じられ、配下の勇壮な龍たちと共に数多の弧界を転戦した。
どのような絶望的な戦であってもクロエは先陣に立ち、驚嘆すべき粘りで勝利し続けていた。
想像を絶する生き汚さに、造物主側が戦うのがあまりにめんどくさいので、クロエが移動した弧界ごと時空振動弾で吹き飛ばした。
結果、死が溢れたどこでもない空間にクロエは閉じ込められてしまったが、それでもクロエ自身を滅ぼすのには至らなかった。

気が遠くなるほどの時間の果てに越界の扉とその空間が接続したため、ようやくクロエは生誕の地、オリジンへと帰還を果たした。
しかし、死と生を行ったり来たりしすぎて龍としての記憶がすっかり曖昧になっており、また現在のオリジンの状況にすぐに適応できるとも思われなかったので、賢人会議にかけられた結果、学院に編入することとなった。

かくしてめでたく学院生となったクロエであるが、環境適応能力が異様に高い彼女としては特に違和感無く学生ライフを満喫しているようだ。
もっとも、彼女の周りには死してなお忠節する死龍兵団、彼女に(その気はないのに)救われた死霊など、死の気配があふれている。
学院の人々は”死神さん”と彼女を呼び、好んで近づく生徒は少数派であると追記しておく。

  • 外見特徴
髪:暗い金色で腰くらいまであるロング
瞳:闇を切り取ったような黒色
肌:死んだり生きたりしてる割には血色がいい
身長:153cm
体重:42kg
乳:わりと貧しい方
腹:細い
尻:割と普通
一人称:私
二人称:キミ

  • 台詞とか
「わりといい人ばっかりなんだけどな……幽霊の人って。毛嫌いしないで仲良くしてみたら?よみがえりとはちょっと違うからさ」
「大丈夫、私はしぶといし、きっとキミよりもずっと死とダンスを踊るのは慣れてるよ」
「死は終わりにして始まりにすぎない、だから恐れることはない……なんて言うと思った?残念だけどそれは大間違いだよ」
「勘違いしないで欲しい、私はサーガの勇者のように死を恐れぬ戦士になどなれない」
「私は誰よりも死を恐れてる。だからこそ、どんなにみっとも無くてもどんなに汚くても私は命にしがみつく」
「私は誰よりも死を恐れてる。あんなものを誰にも味わって欲しくないし、だからこそ私は私の手が届く全てのモノを護る」
「私は私の貴重な人生を後悔なんてくだらないもので消費するのは御免こうむりたい。だから護る事に手をぬかない……それが私の生き方」


|