※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

名前:ハルカ=スカイブルー
性別:女性
年齢:16
職業:閣下

■基本データ
【コロナ】 聖戦士
【ミーム】 オリジン/
【ブランチ】ロードモナーク/
【消費経験点】12(能力値:0 特技:12 装備:0 パスの追加:0 ブランチの追加:0)

■能力値/耐久力
【能力値】    肉体:10  技術:5  魔術:11  社会:4  根源:4
【戦闘値元値】  白兵:8  射撃:8  回避:6  心魂:9  行動:8
【戦闘値修正値】 白兵:8  射撃:8  回避:6  心魂:9  行動:15
【HP】     元値:20  修正値:50
【LP】     元値:7  修正値:7

■宿命/特徴/闘争/邂逅
 宿命:決戦存在  特徴:不屈の闘志  特徴効果:最大HP+5
 闘争:野心  邂逅:大賢者アウゼロン

■初期パス
 【因縁】大賢者アウゼロンからの庇護

■準備された装備
 部位:名称(必要能力/行動修正/ダメージ/HP修正/射程/備考/参照P)
 右手 :アイドルの衣装        (必:【】【】/行:10/ダ:―/HP:―/射:―/【輝く紋章相当】/SC165)
 左手 :               (必:―/行:―/ダ:―/HP:―/射:―/―/―)
 胴部 :               (必:―/行:―/ダ:―/HP:―/射:―/―/―)
 その他:愚民(盾)          (必:―/行:-3/ダ:<社会>14+3D6/HP:+30/射:―/農民兵相当/―)
 乗り物:               (必:―/行:―/ダ:―/HP:―/射:―/―/―)
 予備1:愚民(剣)          (必:―/行:―/ダ:<社会>42+2D6/HP:―/射:―/騎士団相当/―)
 予備2:               (必:―/行:―/ダ:―/HP:―/射:―/―/―)
 予備3:               (必:―/行:―/ダ:―/HP:―/射:―/―/―)

■コロナ特技
【SC098/自動/自/ク/なし】◆勇気ある誓い
 1度の判定でソフィアに合致しているフレアを何枚でも出せる
【SC098/自動/自/効/なし】◆不死鳥の炎
 〔Sin1〕[死亡][戦闘不能]を[覚醒]に置き換え、【HP】を0にし【LP】を完全回復
 重圧状態でも使用可能。
【SC098/-/射/メ/フ1】オーバーロード
 [射攻]を行なう。ダメージ+[差分値×2]。自分も同ダメージを受ける
【SC099/-/自/オ/なし】虹色の希望
 〔Sin1〕[MP]中に使用するフレアを全て自分のソフィアとして扱う

■ミーム特技
【LF108/自動、Lv/自/常/なし】◆封建領主2
 【最大HP】を+[(Lv×5)+30]する。
【LF108/-/白・射/メ/4H】これが我が国だ!
 「種別:軍団」武器を用いて[白攻][射攻]。ダメージ+[【社】×2]
【LF109/ア、Lv/自/常/なし】親衛兵団
 LF P175の「種別:軍団」のアイテムから[Lv+1]個、常備化する
【LF109/DB/自/常/なし】※王者の威光
 [ロードモナーク]特技と「種別:軍団」武器を使う際、【社】+10で計算する
【LF108/-/自/オ/なし】国民議会
 〔Sin3〕宣:判定直後。その判定を振り直す
【LF109/DB/自/常/なし】※百万都市
 《封建領主》の効果を【最大HP】+[(Lv×10)+50]に変更する
【SC110/-/自/常/なし】戦いの極意
 [白攻][射攻]のCT値を10にする
【LF109/DB/自/マ/4H】※誇りの一撃
 「種別:軍団」武器を用いた攻撃のダメージ+[【社】×2]

■装備
[SC165]輝く紋章(部:/射:/)
[SC165]使用人(部:/射:/)
[SC165]高価な衣服(部:/射:/)
[SC163]龍魚のソテー(部:/射:/)
[SC165]ファミリア(部:/射:/)


■属性防御
 肉体:× 技術:× 魔術:× 社会:×

■戦術、設定、メモなど
土地なき国……765に君臨するアイドル。
かつてオリジンに来たフォーリナーが気づいた国だと言われているが真相は定かではない。
国家君主は「アイドル」と呼称され、代々女性が君臨してきている。
長年言葉の意味が不明だったが、ネフィリムの知識によりアイドル=信仰の対象ということがわかり、神権国家としてスタートしていたことが発覚した。
現在はアイドルであるハルカ自身の修行のため、ルミのもとで修業に励んでいる。
なお、君主は一律に「閣下」と呼ばれる。
これは初代春香がオリジンに降りた際、初代エニア女王に保護されたため、陛下は神王一人である、自らはその藩屏にすぎないとの意味である。

「プロデューサーさん、私のことは気軽に敬意をこめて【閣下】って呼んでくださいね」
|