※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「首吊り線」
上昇を続けた後、高水準で下ヒゲの長い線が出た場合、上値の限界を示すことがあり「首吊り線」と呼ばれる。下ヒゲが実線の3倍以上が原則。高値波乱の形である。