トップページ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

759 名前:普通の名無しさん[sage] 投稿日:2009/06/16(火) 22:06:04 ID:0fmhVfBY
家族でよく作ったメニューなのですが、
情報元は親父殿が学生時代に買った中華料理の本(40年ほど前のもの)で、
しかもその本はすでになく、親父殿の脳内レシピという代物ですが……書いてみるぜ!


☆ウォントン☆

(と、呼ばれていました。ワンタンか饂飩の中国読み?)

主な調理器具

 主な調理器具 
器具名 備考
大きめの鍋 麺が茹でれる程度の大きさがあればおk
フライパン 小さめ、特に卵焼き用の四角いのが使いやすいですがなんでもおk
 材料-皮- 
材料 分量(?人前) 備考
強力粉 200cc 計量カップ一杯
薄力粉 200cc 軽量カップ半分
一個
一つまみ
場合によっては水 様子を見ながら少しずつ
 材料-餡- 
材料 分量(?人前) 備考
|翠餃子のひき肉を参照。
豚ひき肉
ニンニク
ショウガ
ごま油

トッピング

 材料-皮- 
材料 分量(?人前) 備考
ネギ 白髪葱にします。たくさんあっても邪魔にはならない
胡椒 粒が大きいのがいい。この料理には粒コショウをミルで挽くか、包丁で潰してから刻んだのが最強
醤油 普通のでいいです
サラダ油 普通のでいいです
ショウガ お好みで
唐辛子 お好みで
 調理手順 
1.ボウルに強力粉と薄力粉を入れ箸でぐるぐるっと混ぜる。
  卵、塩を加えてさらに箸で混ぜ、
  ソボロ状になったら手でこねてまとめる。
  餃子のときより気持ち長めにこねる感じ。
  水分多いかな?と思ってもメインは卵なのでこねてるうちにいい具合になって来ることがほとんど。
  あまりにまとまらない場合は水を少しずつ加える。
  まとまったらラップorビニール袋に入れ冷蔵庫で30分ほど放置。
  なお、水の代わりにすりおろしたニンジンの絞り汁とケチャップを少し加えると……?
2.餃子の「3、豚ひき肉に……」と同じ要領で、
  豚ひき肉にすりおろしたショウガ、ニンニク、塩、コショウ、ゴマ油を加えてよく混ぜる。
  自分はビニール袋に入れて袋の上から揉み混ぜる。
3.今のうちに白髪葱を作っておきく。
  葱の白い所を適当な大きさに切って、縦に割って中心部を取り除く。
  残った白い部分を気合いで千切り。
  水にさらしたりは不要。
  太くてすまん・・・orz
  余った中心部や青い所は煮込みのぶち込んだり、炒め物の最初に刻んで油に香りを出したりに使うと吉。
  冷凍もおk。
  より詳しくは 白髪葱 作り方でググればおk。ま、感じたままに頑張るべし。
4.餃子「7、放置しておいた皮を…」と同じ要領で。
  まずは袋なりラップなりに包んだまま細長くし、一枚分づつ包丁で切る。
  切った皮を両掌で潰し、キッチンぺーパーに挟んだり、ビニール袋に入れて麺棒で延ばしてひき肉を包む。
  餃子みたいなひだひだをつける必要はなし。ただ、端はしっかりと圧着したほうが吉。
  普通に打ち粉して伸ばて包んでもいいけど、粉のきゅっきゅする感触がどうにもダメなもので…
  包んだあと打ち粉しないなら早めに茹でること!
  ガイアが俺に「紅いのを作るのだわ」と囁いたので
  ニンジン&ケチャップ入りはこちら。
5.鍋にお湯を沸かしておき、包んだウォントンを茹でる。
  並行してフライパンで油を熱しておく。
  トウガラシや白髪葱のときに出たネギの中心部や青い所を入れて香りを出してもおk。
6.ウォントンが浮かんできてしばらくしたらアミジャクシで皿に引き上げる。
  この際、にゅるにゅるするので箸は無謀。 :  醤油、胡椒、白髪葱を乗っけたら煙が出るくらいに熱した油をうぢゃー!っとかける!
7.めしあがれー。前述の通りよく滑るので割り箸を推奨する。