※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

必殺技解説

~必殺技~

カミツクワン!
正面に飛び掛かる。
Bは発生が遅くなる代わりに空中ガード不能。
また沼が画面内にある場合B版は沼から相手方向に出る。
EXはそのまま相手を地面に引きずりこんで攻撃後、吐き出す。
相手はダウンで相手の真下に沼が設置される。
BとEXには射撃無敵があるが打撃と投げには無力(特に攻撃発生前)
EXは空中ガード可能。
ツッツクワン!
空中から自分の真下の地面へ瞬間移動、巨大な角のような形になり、突き上げる。
この手の技としては発生が速め。
また、地上技扱いのため空ガ不可。
AとBに違いは無いが沼が画面内にある場合Bは沼から出る。
EXは三回突き上げる。
全段ヒットすると威力が高い。
EXの初段および2段目はA,Bよりも高さが低いので空ガ不能を狙う場合には留意すること。
フミツブスワン!
回転ノコギリ。
相手がダウン中でないと出せないという一風変わった技
確実に入れたければ3Bから。
Aは相手を轢きつつ逆サイドへと通り過ぎる。
相手が浮くので追撃可能。
Bは轢いた後、相手の上でグリグリする。
威力は上がるが追撃不可。
密着状態で有利時間が多いので起き攻めが狙える。
EXはさらにグリグリ。A版と同じく追撃可能。

~特殊動作~

ハバタクワン
空中で飛行状態に移行する。
飛行中は徐々にブライドゲージを消費し、通常技を出すなどで飛行状態が解除される。
ジャンプ慣性も消えるので起き攻めで高速中段や裏回りを狙える。
必殺技扱いなので空中技をキャンセルして飛行状態に移ることもできる。

~ブライド必殺技~

砕羽
地上では頭上付近、空中では斜め下に鴉を召還して下向き扇状に2回羽根をばら撒かせる。
レベルが上がると一度に出す羽根の量が変わる。
はじめは3WAYだったのが5WAY→8WAYと増える。
自分の硬直が短いのでガードさせれば有利。
弾の強度が低く相手の射撃にほぼ負ける。
怨怒流
設置してある沼から真上にパックマンみたいな泡が飛び出す
泡はある程度上昇するとガブリと噛み付く
上昇中とガブリに2回攻撃判定があって、ガブリはヒット、ガード硬直が長い。
Cホールドで待機可能。
幻影吼
設置してある沼から自分の分身のようなものが出現。
硬直中にA、B、Cを追加入力することで派生(何も押さない場合は自動的にAとなる)
どれも相手の射撃に消されることはない。また、幻影は打撃判定なのでダッシュで抜けられない。
Aでは分身が風船状になって相手に向かって横回転しながら斜め上へと飛んでいく。
ヒット数がものすごく、相手をかなり高くまで運ぶ。
トゲ部分にのみ攻撃判定があるようで、相手のしゃがみに当たらない場合がある。
Bではツッツクワン!が出る。
最も発生が早く、空中ガード不可。
Cではカミツクワン!が出る。
発生は遅いが、地上相手には強い牽制となる。

~超必殺技~

冥雲絶刃
巨大になって吼える。
前方に音波を出して、当たった相手をロックする。
その後暗闇の中で爪跡が光って攻撃する。
クライマックス版ではその後ドクロが出てきて火力が上がる。
技後は多少有利だが距離が開くため表裏択は厳しい。
また、射撃属性のためダッシュ中の相手にはそのまま抜けられてしまう。
発生が早いので確定反撃に使える。