世界作り課題


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

世界作りの課題をKj法を使って解決する

課題を外に出す(リスト作り)

  • 面倒くさい
  • やる気があまりない
  • 続かない
  • すぐにとりかかれない、億劫だ
  • 成果が見えない
  • 満足感がない
  • 可能性は感じる
  • 記憶には残る
  • 見返そういう気にならない
  • 時間がかかる
  • 範囲が広すぎる
  • 量が多いと一度に把握できない
  • 進まない
  • 資料をどう扱うかが解決できない
  • アイデアと資料の扱いが未解決
  • 収拾がつかない
  • 終わりが見えない
  • 個別的な問題と全体的な問題がごっちゃになる
    (作品世界と世界作り(方法論・メタレベル))
  • KJ法のサイクルがうまくつかめない
    (問題提起→探検→野外観察→発想と統合→決断)

グルーピング

エクセルで上のリストをボックスにしてグルーピングした。

世界作りがうまくいかない

やりたくない

  • やる気はあまりない
  • 面倒くさい
  • すぐにとりかかれない

データを扱いきれない

  • 個別的な問題と全体的な問題がごっちゃになる
  • アイデアと資料の扱いが未解決
  • 資料をどう扱うか解決できてない
  • 量が多いと一度に把握できない
  • 範囲が広すぎる

うまく進まない

  • 収拾がつかない
  • 時間がかかる
  • 進まない
  • 成果が見えない
  • 終わりが見えない

発展しない

  • 見返そういう気にならない

KJ法のサイクルがうまくつかめない

KJ法は役にたつかも

  • 可能性は感じる
  • 記憶には残る

これを文章にしてみる

問題提起

世界作りがうまくいかない

  • 世界作りは面倒で、とりかかるのも億劫だ。その原因は2つある。
    • 整理できていないデータ
    • それを整理しようとする作業がうまくいかない
  • データが整理できないのは
    • 調べる範囲が広すぎる。
    • 調べた資料をうまく記録・管理できていない
    • 資料と、その考察がごちゃごちゃになる
    • 個別的な問題と全体的な問題がごっちゃになる
      (作品世界と世界作り(方法論・メタレベル))
  • 整理がうまくいかないので
    • 収拾がつかない
    • 時間がかかる
    • よって進まない
    • すると終わりが見えず
    • 成果も見えない
  • 発展しない
    • 整理されていないままなので、見返そうという気にならない
    • 世界作りは面倒だ、という印象が残り、続かない。

KJ法をもう一度見直す

  • KJ法のサイクルがうまくつかめていない
    • 世界作りが上のようになっていて、KJ法を使ってもうまくいかなかったのは、手順をちゃんと理解していなかったからである。問題提起→探検→野外観察→発想と統合→決断
  • KJ法は役に立つかもしれない
    • 可能性は感じるし
    • 記憶には残っている。

とりあえず問題提起はこんなところだろう。最後に問題提起に名前をつける

KJ法をしっかり理解して、データを整理する

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。