アルド・べギリスタイン


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

名前
アルド・べギリスタイン
所属
マリンバンクカミシロ支社長/ギルド・メンバー
性別/年齢
♂/37歳
シンドローム
ブラム=ストーカー・エンジェルハィロゥ

海外にも手を伸ばす神城グループにおいて逆輸入という形で月代に根を降ろした外資系の銀行。そのマリンバンクカミシロの創設に力を尽くしたメンバーの一人である実力派の若き社長。スペイン人であり、家族も月代に移住してきている。

一方の面で犯罪組織の構成するギルドのメンバーであるという一面もあり一筋縄では行きそうに無い人物。どちらかと言えばUGNのもたらす不安定なバランスを好み、ギルドのメンバーとして親交がある。封鎖からの脱出口を求めて広範囲に情報探査中。

アリエッタの行動開始、それと同時期のUGNの勢力失墜によってアリエッタに追い詰められることになり、対抗策を求めてドミニコの賢者の石を狙うも結果としては返り討ちにあう格好となった。中央エリアにて結局アリエッタ&ドミニコに殺されて死亡。


行動履歴


  • 3日目:朝方、移動する速水とすれ違い、泥を撥ねたことを詫びる。その後、昼頃にグレゴリオの紹介でドミニコと会見の場を持つ。互いの立場が近しいことを示唆し情報交換という形で手を結ぶ事を提案。ドミニコの承諾を得る。ひとまずは封鎖状態からの脱出を求めているようだが……?

  • 4日目:状況の一変により即効性の力を求め、ドミニコの賢者の石を狙う。どうやら紅い賢者の石のことを前から知っていたようで、何とかそれを手放すことなく最終的な勝利者となろうと画策。多数の従者と自身の賢者の石の能力を駆使してドミニコに自分を追わざるを得ない状況を作りあげるが、結局ドミニコがアリエッタと組んだことによって打つ手を無くし、為すすべなく死亡。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。