「HP ProLiant ML110G6ガイド/HDD」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

HP ProLiant ML110G6ガイド/HDD」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

 &link_toppage(Top) > [[HP ProLiant ML110G6ガイド]] > [[HP ProLiant ML110G6ガイド/HDD]]
 |BGCOLOR(#CCCCCC):動作|BGCOLOR(#CCCCCC):型番|BGCOLOR(#CCCCCC):容量|BGCOLOR(#CCCCCC):OS|BGCOLOR(#CCCCCC):投稿者|BGCOLOR(#CCCCCC):コメント|
 |○|SP060GBSSDV30S25|60GB|Win 7 Home 64 bi|@pc_knockdown|シリコンパワー2.5インチSSD 高速転送 SATA3準拠 6Gb/s 60GB SandForceコントローラー採用 |
 |○|WD20EARS-00MVWB0|2TB|Win7Pro 64bit|名無し||
 |○|CSSD-S6M64NMQ|64GB|win7 ultimate 64bit|名無し|AHCI|
 |○|HDS721010CLA332S|1TB|Win 7 Home 64 bit||AHCI|
 |○|SSDSA2MH080G2K5|80GB|Win7Pro 64bit|名無し|AHCI|
 |○|SSDSA2MH080G2K5|80GB|XP Pro 32bit|名無し|AHCI(nLiteでF6ドライバ統合)|
 |○|0S03088|3T|CentOS5.5(x86_64)|名無し|OSは純正HDDを使用。mdadmで3Tx4をRAID5化&iscsi targetで7.7T運用。初期Rebuild660分。 |
 |▲|0S03088|3T|Windows2003 64bit|名無し|OSは純正HDDを使用。GPT化は成功。ダイナミックディスク+RAID5作成では2T(RAID5)+1T(空き)に分割される。 |
 |○|0S03088|3T|Windows Home Server 2011|名無し|OSは純正HDDを使用。GPT化+RAID5作成可能。3Tx4のRAID5で約8Tボリュームを利用可能。|
 |○|AS599S-64GM-C|60GB|windows7 Pro 64bit|名無し|起動ドライブで使用可能|
 |○|0S03191|2TB|windows2008R2SP1|名無し|AHCI|
 |○|CT064M4SSD2|64GB|Windows2008R2SP1|名無し|AHCI|
 |○|THNSNC064GBSJ|64GB|Windows2008R2SP1|投稿者|AHCI|
 |○|ST1000DM003|1TB|Windows Server 2008 R2 Service Pack 1 Standard Edition|名無し|RAID(Smart Array B110i)。HDDは4Kセクタだがmsinfo32による表示は512バイト/セクタ。|
 |○|intel SSDSC2CT060A3K5|60GB|Windows8 Pro 64bit|名無し||
 |○|Seagate ST2000DM001(1TBプラッタ)|2TB|Win7 Pro 64bit|m|PCI-ex8(4)に「adaptec ASR-6805E KIT+Dirac x8延長ケーブルLONG版」「RAID1×2、RAID0×4=[R609.5MB/s,W579.4MB/s]、INTEL SSD 520 240GBでRAID0×2=[R615.1MB/s,W565.3MB/s]」おそらくどっかがボトルネック|
 |○|Seagate ST2000DM001(1TBプラッタ)|2TB|Win7 Pro 64bit|m|Smat Array B110i(SATA1-6を使って RAID1(2台)RAID1+0(4台)論理2Array)|
+|○×|型番|容量|OS|投稿者|コメント|
+|○×|型番|容量|OS|投稿者|コメント|
+|○×|型番|容量|OS|投稿者|コメント|
+|○×|型番|容量|OS|投稿者|コメント|
+|○×|型番|容量|OS|投稿者|コメント|
+|○×|型番|容量|OS|投稿者|コメント|
+|○×|型番|容量|OS|投稿者|コメント|
+|○×|型番|容量|OS|投稿者|コメント|
+|○×|型番|容量|OS|投稿者|コメント|
+|○×|型番|容量|OS|投稿者|コメント|