東山連合帝国副大統領


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

東山連合帝国副大統領 (Vice President of The United States Empire of Higashiyama)とは、東山連合帝国において、行政府の首班である大統領を補佐する官職である。半大統領制の東山連合帝国では権限が限定的である。

権限

東山連合帝国副大統領は、東山連合帝国の行政府を代表する第2位の官職である。大統領が死去・辞任・免職などにより欠けた場合は、副大統領が大統領に昇格する。事故・病気などにより大統領が一時的に職務遂行不能になった場合は、副大統領が臨時に大統領権限を代行する。東山連合帝国憲法の規定によれば、副大統領は大統領を補佐し、行政に関する大統領の命令を受け、各行政機関を統括する役割を有している。そのため、大統領が議長を務める国務会議では副議長を勤め、大統領が任命する国務大臣を提請する任を有する。また、副大統領は、国務大臣の解任を大統領に建議することもできる。なお、大統領が、弾劾などによる欠位、或いは事故による職務遂行不能状態に陥ったときには、副大統領が大統領の任務を代行する。

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。