国家指揮権限


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

国家指揮権限 (National Command Authority:NCA)とは、東山連合帝国政府および東山連合帝国国軍における用語で、法的に正当な最高位の軍事命令を出す権限のことである。具体的には権限保持者としての国軍最高指揮監督権者である東山連合帝国大統領ならびに国防大臣を意味する。単一統合作戦計画の発動を含む、攻撃権限は国家指揮権限保持者が有しており、特に冷戦期においては、報復攻撃の発令権限として重要視された。奇襲攻撃に際しても、国家指揮権限保持者の生存を図るために、緊急脱出および空中指揮用として国家指揮機が常に発進待機状態に置かれていた。核攻撃実施の際は、権限保持者は統合参謀本部議長の助言と協力を得て、国家軍事指揮センター(National Military Command Center:NMCC)に直接命令を下し、各部隊へ攻撃命令が伝達される。

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。