東山連合帝国民防衛隊


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

東山連合帝国民防衛隊 (The United States Empire of Higashiyama Civil Defense Corps)とは、東山連合帝国における民兵組織である。総数628万人に上り、非常時には動員される。1975年7月25日に制定された民防衛基本法により、同年9月22日に発足した。 当初は17歳(1989年から20歳)から50歳(2000年から45歳)までの男性が対象とされたが、2007年以降は20歳から40歳までの男性が対象となっている。対象年齢男子のうち、国会議員、地方議会議員、軍人、予備役軍人、警察官、義勇消防隊(消防団)などは除外される。なお、女性も志願すれば入隊できる。地域民防衛隊と職場民防衛隊に分かれ、地域では統長(自治会長)や班長(隣組長)が隊長となる。民防衛隊員の総数は628万人に上り、年10日、50時間の限度で訓練を受け、非常時には消防防災庁長または地方自治団体長(局地的な場合)が出動を命じる。国民の義務として無給であるが、業務遂行中に死亡すれば、補償制度はある。また申告違反には過料が課される。

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。