東山併合


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

東山併合 (Higashiyama under Osean rule)とは、1910年8月22日、東山併合条約に基づいてオーシア連邦東山帝国を併合した事を指す。東山併合によって東山帝国は消滅し、オーシア連邦はその領土であった東山列島を領有した。1945年の東山独立戦争終戦に伴い実効支配を喪失し、1945年9月2日、大阪宣言の条項を誠実に履行することを約束した降伏文書調印によって、正式にオーシア連邦による東山支配は終了した。「東山併合」というとき、条約の締結により東山帝国が消滅し、東山がオーシア連邦の領土となった瞬間的事実だけではなく、併合の結果として東山を領有した継続的事実を含意する場合もある。

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。