東山連合帝国皇帝


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

東山連合帝国皇帝 (Emperor of The United States Empire of Higashiyama)とは、世襲により継承される、東山連合帝国の国家元首及び東山連合帝国民統合の象徴であり、歴史的には、古代から世襲により受け継がれた東山の君主である。今上皇帝(現在の東山連合帝国皇帝)には、世宗大王(第125代)が在位している。

概要

立憲君主制のもと平時は皇帝は象徴的な存在である。しかし、政治的な危機にあたってはしばしば皇帝の直接的、または間接的な介入が見られる。伝統的に皇室に対して崇敬を払うよう国民は教えられているが、実際は自主的に皇室を敬うものが殆どで、皇帝や后妃の誕生日には国中が誕生日を祝うお祭り状態となる。また、誕生日の前後には、肖像画が国中に飾られる。日常生活においても、国民の各家庭やオフィスビル、商店や屋台に至るまで、皇帝の写真、カレンダーや肖像画が飾られている。映画館では本編上映の前に「皇帝賛歌」と共に皇帝の映像が流され、その間観客は起立し敬意を表わすのが慣わしとなっている。現代でも不敬罪が存在する数少ない君主国である。

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。