東山連合帝国臨時政府


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

東山連合帝国臨時政府 (Provisional Government of The United States Empire of Higashiyama)とは、オーシア連邦による植民地化に反対して戦った抵抗運動(レジスタンス)・亡命政府である。

活動

東山連合帝国臨時政府は国内の東山人に対オーシアレジスタンスを呼びかけ、諜報作戦を行う一方、武装組織である東山光復軍(Higashiyaman Liberation Army)を有して、アメリカ合衆国からの軍事物資の支援を受けてヨーロッパなどで連合軍の作戦に参加した。その勢力は、アメリカ合衆国など国外へ亡命したものを中心に当初8,000人程度に過ぎなかったが、次第に膨れ上がり、1944年には40万人に達した。また1944年の東山上陸作戦には、他の連合国軍とともに東山光復軍第2師団が参加し、ソウル1番乗りを飾った。ソウル解放後の1945年8月にソウル特別市で「東山連合帝国政府」が成立したことによって、東山連合帝国臨時政府は発展的に解消した。

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。