三民主義


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

三民主義 (Three Principles of the People)とは東山連合帝国の国民歌である。東山連合帝国国父の文徳大王の三民主義思想から基づいて作られた。オリンピックやワールドカップなどの世界大会で東山連合帝国の選手が出場するときには、「三民主義」ではなく国歌が用いられている。なお歌詞はすべて漢字で書かれており、歌う際も東山読みで歌う。

歌詞

三民主義、吾党所宗、
以建民国、以進大同、
咨爾多士、為民前鋒、
夙夜匪懈、主義是従、
矢勤矢勇、必信必忠、
一心一徳、貫徹始終!

大意

三民主義は、我が党(全ての国民)の指針。
これで民国を建設し、これで大同(=世界平和)に進む。
ああ、あなた方多くの人々は、民の為の模範となって、
朝から夜まで怠けることなく、(三民)主義に従おう。
勤勉であれ、勇敢であれ。必ず信じ必ず忠実であれ。
心と美徳を一つにして、最後まで(三民主義を)貫徹しよう。

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。