「アイク」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

アイク」の最新版変更点

追加された行はこの色になります。

削除された行はこの色になります。

+*アイク
+[[蒼炎の軌跡>ファイアーエムブレム 蒼炎の軌跡]]の[[主人公]]。~
+[[FE]]初の平民主人公にして名前に「ラ」行が入っていない主人公。~
+説明書には無愛想だが根本的には熱血という性格で書かれている。~
+[[ヘクトル]]や[[エフラム]]と同じく強行突破を好むアグレッシブな男で、終盤では[[ライ]]に呆れられた。~
+[[成長率]]がかなり良い上、奥義[[スキル]]である[[天空]]の「[[HP]]吸収+[[守備]]半減」という性能と、~
+[[専用武器]][[ラグネル]]の「衝撃波が飛ばせて耐久力無限」という性能のおかげで後半戦では異様に~
+強く、FE歴代主人公でも最強との声が多い。むしろ育てなければ終章で詰む危険性がある。~
 
+暁の女神では第三部主人公、第四部では部隊長を務める。[[クラス]]は[[勇者]]→[[神将>神将(ヴァンガード)]]~
+前作から二年半後、貴族の諍いに嫌気が差し爵位を返還。グレイル傭兵団団長としての生活に戻る。~
+最終的には実績を買われ、嫌々ながらも再び将軍位に就く事になる。~
+今作で[[セフェラン]]により幼少の頃の記憶を封じられていた事が明らかになる。~
+また前作からはるかに巨大化した風貌から、2ch一部では「ゴリラのラグズ」とまで言われていた。~
+前作とは異なり[[成長率]]は高いと言える程ではないが、初期能力値の高さで強キャラの位置は譲らない。~
+が、[[魔防]]と[[幸運]]が低いためにあっさりと[[スリープ]]の杖で眠らされてタコ殴りにされたり、~
+魔法[[必殺>必殺の一撃]]で死亡→ゲームオーバーということも起こりやすい。~
+~
+余談だが、結構色々な女性にフラグ的なものを立てているのにもかかわらず、~
+暁のエンディングでは男としか専用エンドがないことから、~
+一部で鈍感フラグクラッシャー扱いされている。~
+
+関連語~
+【[[グレイル]]】【[[ミスト]]】【[[ロード]]】【[[神将(ヴァンガード)]]】【[[萩道彦]]】 
+
+-----
+
+|[[←アイオン>アイオン]]|[[アに戻る>ア]]|[[アイヒマン→>アイヒマン]]|