ホースメン

ホースメン

暗黒竜と光の剣系統の作品に登場するクラス。
騎乗して弓矢を扱うクラスで脚の長さと間接攻撃出来る事が美点。
弓騎兵の元祖と言えるだろう。

  • 暗黒竜と光の剣
    暗黒竜と光の剣に於ける騎兵は室内でも馬で移動しており
    またハンターとは別個のクラスとして扱われている。
    このため、その射程の長さによってある程度の活躍が保障された。
  • 紋章の謎
    紋章におけるホースメンはハンターのクラスチェンジ先という事になったが、
    熟練した事で騎乗出来るというのは無理矢理感が。
    移動力も高くて遠距離攻撃でヒャッホー!と言いたい所だが、屋内では騎乗出来ず(下馬するとハンターに)、
    ハンター系統のキャラの能力がアーチャー系統のキャラのそれよりヘタレやすかったり
    (馬から降ろされたら更に)で今ひとつな職業として使われにくい。この頃は再行動無いし。
  • 新・暗黒竜と光の剣
    新暗黒竜では、剣も扱えるようになりGBAシリーズの遊牧騎兵(フォレストナイト)と似たような上限値が設定された。
    速さ上限値はソードマスターと同じ30なので速さがカンストすれば通信対戦ではかなりの強さを誇る。
    しかし、そのクラスであるウルフザガロは兵種変更によってジェネラルに変更されてしまいがちである。
    あまり耳に馴染みの無いクラスなので、『Horse Men』で「馬男達?」となってしまうが、
    『Horseman』で 「乗馬の名手、騎手」といった意味になるので、その複数形から取られているのだろう。
    なお海外版の新・暗黒竜では『Horsemen』ではなく『Horseman』となっている。

関連
カシム】【ウォレン】【ウルフ】【ザガロ