ボルガノン


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ボルガノン

暗黒竜と光の剣、紋章の謎、聖戦の系譜、蒼炎の軌跡、
暁の女神、新・暗黒竜と光の剣、新・紋章の謎に登場する魔法。
高等な炎の魔法という位置付けになるが、
スペックは他の高等魔法に比べると一歩及ばないという傾向が強い。

  • 暗黒竜と光の剣
    ほぼ全ての面においてトロンを下回るスペック。
    武器レベルだけはトロンよりもハードルは低いがその差はたったの1。
    トロンよりも下位の魔法という解釈だったのだろうか?

  • 紋章の謎
    解釈がトロンよりも上級の魔法となったのか、
    威力は店売り魔法最強の16(オーラの20に次ぐ性能)を誇るが
    要求される武器レベルもトロンよりも上の14に。
    しかも重さが15とPCの使う魔法では最も重いのが何より痛い。
    炎属性を持っているので氷竜に特効は一応持っているが…。

  • 聖戦の系譜
    炎系統のAランク魔法。聖戦では炎魔法自体が重くて残念という傾向である他、
    炎でAランクに達するのがアゼルラケシスリーフと(使う機会はほぼ無いだろうが)ユリア
    アゼルが親の場合のアーサーティニーセティなので、
    終盤は使い手に恵まれないまま、なんとなくリーフの装備に入ってるという事も良く有る事。
    ヒルダや闘技場の敵が使ってくる事の方が印象に残るかも。
  • 蒼炎の軌跡
    炎系統のAランク魔法。トラキア以来出番が無かったが復活を果たす。
    蒼炎では炎魔法が獣牙族への特効を持つためか、雷魔法より威力が劣る傾向なのが残念。
    その代わりに重さが(やはり三系統の中では一番重いが)それなりに現実的な重さになった事と
    力で軽減出来る事(魔道士の力ではあまり軽減できないかもしれないが…)で
    聖戦までに比べるとかなり使いやすくはなった。

  • 暁の女神
    炎系統のSランク魔法。
    上位のSSランクが出来た事でトパックカリルレクスフレイムに至るまでの繋ぎとするか、
    炎が本職でない他の大賢者のサブウェポンとした方が良いかもしれない
    (炎をSまで伸ばす意味が有るかどうかは置いておくとして)。
    なお炎が本職のサナキシムベリンが優秀なので使う必要性は低い。

  • 新・暗黒竜と光の剣
    暗黒竜のデータを基にしているので、再びほぼ全ての面においてトロンを下回るスペックに。
    トロンと同じCランクの魔法、恒例のウィークポイントである重さもトロンと同じ4で、
    かつ力(兵種変更で少しは伸ばしやすくなった)で軽減出来るので
    オリジナルから考えると使いやすくはなったが、命中が70%なのが痛い。

  • 新・紋章の謎
    今作では武器の重量システムが廃止されたのでボルガノンも重量は無し、
    重量以外は新・暗黒竜と同じ性能。
    旧紋章にあった対氷竜特効は他の炎系魔法共々廃止され、
    シナリオ中のお店にも置かれなくなり自軍入手手段はオンラインショップを除くと
    終章のエリスが持つ一冊限定となんだか可哀想な扱いをされている。
    しかしまるっきり影が薄いわけでもなく、
    特に高難度モードでは敵魔道士の標準装備として大量に登場する。