ボルトアクス将軍


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ボルトアクス将軍

蒼炎の軌跡25章に登場するドラゴンマスター、グローメルの愛称。
名前の由来は彼の愛用する武器、ボルトアクスから。

一章限りの登場とは思えないほどネタが豊富で、

  • 魔力が低いのに魔力依存の武器を持っている、というかそれしか持っていない。
  • 自軍ユニットが移動範囲に入ると1ターン目からでも山のふもとに突っ込んでくる、
    そのうえ「うぬ、ここまで登ってきたか」とか言っちゃう。
  • 所有するスキル「勇将」は瀕死で能力が大幅アップという強力なものだが、
    肝心の魔力はまったく上がらない。追撃しにくく当てられやすい程度。
  • 挙句の果てにはマップ兵器である落石に巻き込まれ、味方に殺される。

等といった数々の強烈なインパクトでプレイヤーに記憶される事となった。