ミシェイル


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ミシェイル

暗黒竜、紋章の謎に登場するマケドニアの王。
気の弱い父親とはうって変わって野心家であり、
その性格が災いして追放されかけるも先手を打って王を暗殺、王位を継ぐ。
マケドニアを見下し、蔑ろにするアカネイアを憎んでおり、
ドルーアと同盟を結んでアカネイアと敵対する道を選ぶも
最終的にはグルニアと共にドルーアも滅ぼすつもりでいた。
賢者ガトーとも顔見知りであったようで、決戦の際戦場から避難するように促している。

一部でのマケドニアでの決戦の際死亡したと思われていたが二部で再登場。
囚われたミネルバを助け出し、マルス達と引き合わせ、
ガーネフからスターライトを奪い返すなど縦横無尽の活躍をするが
その際に死亡してしまい残念ながら最後まで仲間にはならない。
だが、新・紋章の謎ではマルスがミシェイルのいる村を訪問する前に、
村にミネルバを待機させると章クリア後に仲間になるようになった。
ハード以下の難易度なら即戦力として十分戦える能力だが、幸運の低さが欠点。
しかし、なぜかマリアを説得する事は出来ない。
ミネルバの代わりに終章に出してから気づいてリセットしたプレイヤーは多いだろう。

紋章の謎一部では17章でレベル20のドラゴンナイトとして対決する。
紋章の敵将としては珍しく拠点から出陣するタイプであり、意表を突かれたプレイヤーも多いだろう。
総合的な能力はカミユには少し譲るものの高能力と特効無効化のアイオテの盾を持つのだが
一つ前の章で対決するカミユが強烈過ぎるせいか、得物が手槍のせいか暗黒竜では今一つ印象には残らない。
紋章では銀の槍に持ち替えており飛兵の機動力を生かした連携・奇襲で致命傷を受ける事もあり、
グラディウスを装備したカミユが強敵なのに対し難敵といったタイプになっている。
ちなみに紋章の謎前半の敵で上級職Lv20はミシェイルだけである。
リメイクの新・暗黒竜では城門から移動しないタイプに変更されており、
逆にカミユが近づくと移動するタイプになっている。

暗黒竜時代はナバールの色違い。つまりボサボサの長髪に裸鎧という王族らしからぬ容貌であったが
紋章の謎では頭髪をきちんと整え、しっかり王族の衣装を着込んでいる。
「肉親の勢力別れ」「ドラゴンナイト兄弟」「竜王」など後の作品のキャラクターにも造型が受け継がれており
FEシリーズ恒例キャラクターのパイオニアの一人と言えるだろう。