ミストルティン


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ミストルティン

聖戦の系譜に登場。『魔剣ミストルティン』
黒騎士ヘズルとその直系が使える剣。ゲーム中で使えるのはエルトシャンアレス
攻撃力30、技に+20、魔防に+10でスキル『必殺』の効果もある。重さは5。
前半では敵専用で、安心してぶつけられるのは運良く守が育ったアレクだけと
恐ろしい存在だったが、後半では7章でいきなりアレスが加わる事もあって頼もしい武器になる。
相手に見切りが無ければほぼ確実に倒してのけるんじゃないだろうか。
魔防+10もアレスのHPと魔防の育ち方次第では、バリアリング有りで
ユリウスの怒りロプトウスに耐える事ができるようになる。

神器の中でこれだけ「魔」と不吉な名前が付くが別に副作用はない。
アレスは『魔剣ミストルティンは人の血を吸う』と言っているが、
人の血を吸うのは何もミストルティンに限った事ではないので気にしない。気にならない 。