ミネルバ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ミネルバ

暗黒竜と光の剣・紋章の謎に登場するキャラ。武勇に優れ、「赤い竜騎士」の異名を取るマケドニアの王女。
ドルーアと手を結ぶため、反対する父王を暗殺したへ不信を顕にするも、幼いを人質に取られ止む無く従っていた。
この妹を救出する事でマルス軍に加わる。誇り高く、石頭とも呼ばわれる理想主義者。
女猛者という事で当時から人気があり、BSアカネイア戦記にも当然のように白騎士団を引き連れて参戦。
侵略先のオレルアンで偶然出会ったハーディンと共闘し、彼の姿勢に共感を覚え、敵と知りながら見逃している。
但し、戦後の統治ではこれらの性格がすべて裏目に出たようで、軍の縮小に手を出しクーデターの火種を作ってしまう。

囚われた妹を案じて面会を願い、更に彼女の救出を敵であるマルスに嘆願したり、
自らの手で兄を倒したものの止めを刺さなかったり(紋章のミシェイルの台詞から)と、
肉親に対してはどうしても非情に徹しきれない。
その人間臭さが彼女の魅力なのかも知れない。
EDでは王権を放棄、妹と共に修道院でひっそりと暮らす事を選ぶ。

関連
パオラ】【カチュア】【エスト】【オートクレール