ミランダ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ミランダ

トラキア776に登場するマージ。
16章東ルートで リーフでロプト寺院の上で待機することで仲間になる。

アルスター王家の王女であったが、王により帝国に人質として差し出され、ロプト寺院に幽閉されていた。
アルスター滅亡の原因がリーフを匿ったことにあるとして、
救出したリーフを責めるも、リーフの言葉を信じ付いていく事を決める。
クリア後の会話でリーフに「今はまだ、誰かが好きとか嫌いとかそんなことを考える余裕は無い」と言われ、
リーフをアルスターで待つ決心をするが、
当のリーフはナンナに直後に告白してしまうといった、体たらくであった。
それで見限ったのだろうか、後日談ではリーフを待つ間に騎士と駆け落ちしてしまったようだ。
まあ、例えナンナが死んでいたとしてもこの後日談なので、他の事が要因だった可能性もあるが。

キャラとしての成長率は、同じマージであるアスベルより全体的に高めで、特に魔力が高い。
しかしスキルは怒りのみであり、追撃必殺補正もアスベルの×3に対して×1しかない。
聖戦士の書で吟味して育てれば化ける可能性もあるが、
登場時期の遅さの割にレベルが低いことによる育てにくさ、同じ章で仲間になる怒り持ち魔法使いサラと違い
杖が使えないこと等といった要因もあり、使うためには努力が必要になるキャラであり、
またメリット上の理由で東ルート自体が選ばれないこともあるので、あまり日の目の見ることの無い
不憫なキャラとも言える。

余談だがクラスチェンジすると騎馬に乗るのだが、歩行時の移動力が6→5と下がってしまう。
騎馬に乗るようになって歩かなくなったにも程があると思うのだが…。
また、同じマージナイトのオルエン・イリオスと比べ、力の成長率がマージ相当に低く、
あくまでもCC後も走れる魔法使いとしての運用法が主となると思われる。

ゲーム中では分からないが、使用魔法の中では炎の熟練度が最も高く、
セティに次ぐ炎熟練度を持つオルエンに、5回ファイアーを撃つだけで並ぶだけの熟練度を持っている。
そのため、鍛えるプレイヤーには、使い手のいないメティオの担当としてあてがわれることもしばしばある。
登場の遅さを逆手に取り、聖戦士の書や揃った魔道書、敵の無力化などを活用して戦力まで鍛えてみよう。