勇者の斧


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

勇者の斧

聖戦の系譜で初登場した二回連続攻撃を可能とする勇者シリーズの斧。
初出の作品では六章で敵将シュミットを撃破することで入手できるが、
一章の隠しイベントをこなすことで序盤から使うことも可能。
寧ろ、こちらの隠しイベントでの入手がセオリーとされている。
普通の斧よりも大分重量が軽いのが特徴で、火力も高いため斧の中ではトップレベルの性能を持つ。
また、一章で入手できれば単発ながら攻撃力の高かったレックスが再攻撃可能になる為、
より頼りになるアタッカーとして期待が持てる。
ただし直接継承できる子供がいないため、鍛えすぎると痛い目を見るかもしれない。

トラキア776では一章でハルヴァンが自分の家を訪問すると入手可能。
手に入れた曰く「湖の中から出てきたおばさんから貰った」との事なので似たような泉が各地にあるようだ。
使い勝手としてはいきなり最初の章から手に入る上に、命中も斧の中では高く、
重さも斧使いの体格の高さの関係で十分相殺しているのでかなり扱いやすい武器になっている。
ハルヴァン専用ではなく、しかも斧Dから扱える(他の勇者シリーズは専用か武器レベルBから)ので、
手軽に使いまわせるのも利点である。

GBA三作では重さ16とかなり重いので、体格の良い斧使いに持たせたい。
ただ、聖戦に比べると命中率は低めになっているので、使い勝手が悪くなっている。
蒼炎・暁では重さを力で軽減でき、より多くのユニットにとって使いやすくなった。
キャンセル等と組み合わせるといいかもしれない。