ユリウス


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ユリウス

聖戦の系譜のラスボスの名前で、クラスはダークプリンス。
終章の彼を倒し、バーハラ城をセリスが制圧することにより、聖戦の系譜はクリアとなる。
トラキア776にも少しだけ登場する。

アルヴィスディアドラの子供であり、ユリアの実兄で、セリスの異父弟にあたる。
ロプトウスにより闇の力に目覚め、父アルヴィスに変わり帝国の実権を握り、圧政を敷く。
性格は冷酷かつ残忍だが、イシュタルの守役のラインハルトに嫉妬したり、
着飾らせたイシュタルの姿を思い描いてはしゃいだりと、幼さも残している。
また、ロプトウスに目覚めるまでは優しかったらしい。

能力値だけを見れば最強ではない(アルヴィスやイシュタルに劣る部分がある)ものの、
ロプトウスの攻撃半減性能に加え、見切り怒りなどの各種スキルを駆使してくるため、
並みのユニットでは返り討ちとなる。
しかし、味方にはそれ以上の力を持つナーガがあるため、ナーガを持ったユリアをぶつけるとあっさり勝ててしまう。
ナーガを使わずに勝利することも可能であり、その際には死に際の台詞が変化する。