リアーネ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

リアーネ

蒼炎の軌跡・暁の女神に登場する鳥翼族・鷺の民の第四王女。リュシオンラフィエルの妹。
セリノスの森襲撃の際に、森によって匿われ、20年間ひそかに眠らされていた。
兄のリュシオン、ラフィエルと同じく【呪歌謡い】。
蒼炎時点では、戦闘に加わる事が無い(17章のみ救出された状態で一応参加しているが)。
ラグズは外見からは年齢が判断できないが、
リアーネは無邪気で少女のような口調である。(長い間眠っていたから?)
サギの民の常で体重は軽く、アイク曰く「ミストの半分」
古代語しか話せないが、現代語の聞き取りは出来るようだ。
ちなみに、この古代語はゲーム中で訳がつくことはなく、彼女(ときにリュシオンも)の
言葉を理解するためには各々解読の必要があるため、「日本語でおk」の筆頭にあげられる。
(なお、解読できなくてもゲーム攻略には支障はない)

暁の女神では味方ユニットとして使用が可能。
クラスは白鷺姫(プリンセスイーグレット)で化身すると白鷲(イーグレット)となる。
現代語も少し話せるようになっているが、やはり殆ど古代語。
ユニットの使い勝手としては上下か左右2マスに効く呪歌、再移動有りと
リュシオンとラフィエルを足して2で割ったような感じである。成長率は他の2人とあまり変わらない。
エンディング後ネサラと支援Aの場合結ばれ、黒翼の男児と白翼の女児を出産する。