リーン


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

リーン

聖戦の系譜7章で仲間になるダンサー
シルヴィアの娘だが、2歳頃にダーナの街の修道院に預けられて育ったので、
母の事は踊り子らしいという事しかわかっておらず、
いつかめぐり会えるかもと思った事から踊り子の道を選んでいる。
物語の会話からは、が居るという事もわかっていないようだ。

シルヴィア譲りの容姿をしていて、
7章ダーナ城攻防戦の件ではアレスのリーンへの入れ込みっぷりと、
リーンを狙うダーナ領主ブラムセルの悪徳領主ぶりが楽しめる。
ダーナ城制圧後、アレスがダーナ城を訪問することで仲間入り。
その時の会話ではアツアツだが、プレイヤーの介入次第で何とでもなるのがお約束。
またイザークの片田舎で育ったセリスには踊り子の衣装では刺激が強かったようで、
セリスがかなりあがっているのが微笑ましい。
この会話の後は、アレスとくっつくだろうと想定されていたのか、
子世代の中でリーンは会話イベントが妙に少なく、
コープルとの会話と後述の父レヴィンの場合ぐらいしか会話が残ってない。
娘との会話が用意されているフィンが父親の時でも会話無し。少々不憫かも。

戦力としてはダンサーなので父が誰であっても踊っていれば貢献は出来るのだが、
代替キャラのレイリアの『カリスマ』がダンサーとしては有用な為、
生まれることなく終わるという憂き目に遭うことも。
シルヴィアが母の時点でブラギ傍系の血と連続・祈りのスキルを持っているので、
父親次第でダンサーにしてはやたらと荒っぽいスキルが並ぶ事に。
順当な所ではレックスが父親だとエリートの効果を存分に活かせられるし、
ホリンだと月光剣を使いこなす戦うダンサーになれたりする。

物語的には父がレヴィンだと守備に+5される会話が用意されているが、
フォルセティ継承の関係で少し厳しいか。(弟の項も参照されたし)
同じくシルヴィアとの会話が有るクロードが父だと、
ブラギの血が燦然と輝くが、弟がバルキリーの使い手になる以外メリットが乏しい。
ちなみに残るもう一人の父候補のアレクだと姉弟共にそこそこ。

余談になるが、紋章の謎の裏設定ではカシムの妹の名前がリーン。
悲惨な運命がカシムを襲った事になっているが、
ゲーム上では出てこないのでどこまで設定を信じるかは自由ではある。