リザイア


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

リザイア

与えたダメージを吸収して自分のHPを回復する事が出来る事が特徴の魔法。
戦闘中、敵ターン中でもHPを回復できるという特性上、単騎特攻戦術と相性が良い。
ただし、使い手である魔道士自体の防御が低い事、相手のHP以上は吸収できない事、
武器耐久が少ない事(しかもレア度が高い作品も)、外せば元も子もない事などを忘れるとドツボにはまってしまう。
作品毎の詳細は下記を参照。

  • 外伝
    初登場。黒魔法に分類され、シスターが攻撃魔法として最初から覚えている。
    魔法の使用にHP消費する外伝において、
    シスター自身の回復用途としてか、HPを消費しない唯一の魔法となっている。
    しかし、命中率が50%と低く、
    外伝の魔法命中率のシステム上非常に当たりにくく回復のための使用はオススメできない。
    逆に、運良くげっこうを入手しているなら、その効果で必中状態になるため安定して使える。
    外伝特有の偏った乱数によりげっこう装備時、対傭兵系時の例外を除き必殺の一撃が発生しない特徴がある。

    バグなのか仕様なのかHP52以下のドーマにダメージを与えられるのはファルシオンを除けばリザイアのみである。
    ちなみにリザイアでドーマを倒すとエンディングにおいて一部表記が崩れる不具合がある。

  • 紋章/新・紋章
    外伝においてシスター専用の魔法として登場したためか、紋章では女性専用という変わった特徴を持っている。
    特に何魔法と分類されている訳ではないがオーラの使い手であるリンダが所持している事や、
    戦闘中のエフェクトから光魔法と推測される。
    リメイクの新・紋章ではゲームバランスが考えられたのか武器練成は不可。
    なお女性専用なのはそのままである。

  • 聖戦
    光魔法に分類され、子世代に登場するもオーラとの二択。
    武器レベルAが必要なので実質ユリア専用、かつナーガ入手後に使うのは趣味の領域に。
    魔法剣「大地の剣」で見る機会の方が多い。

  • トラキア776
    光魔法に分類され、武器レベルBが必要、また性別制限が無くなった(聖戦は上記の通り)。
    武器レベルBの資質を持つのはホメロス(セージにCCで光Bに。)、リノアンサイアスセティ
    アスベル・サフィ・ティナ・スルーフもCCで光魔法を使えるようになるので、鍛えれば届く事には届くが、
    光魔法自体の絶対数が少なく、武器レベルBまで上げるのはかなり厳しい。
    また入手できるのは色々忙しい14章の民家訪問と最終章のエルフの所持品のみ。

    聖戦以上に魔法剣「大地の剣」で見る機会の方が多いはず。

  • 封印の剣/烈火の剣/聖魔の光石
    HPを吸収するという特性によるイメージからか、変則的な効果のある魔法が多い闇魔法に回されている。
    使い手が少ないのが難点か。ルーンソードが同等の効果を持つ。

  • 蒼炎の軌跡/暁の女神
    再び光魔法に。
    蒼炎では光魔法が使える味方キャラはキルロイのみ。ルーンソードは暁で退場。

  • 覚醒
    またもや闇魔法扱いに。
    HPの回復量が与えたダメージの半分に減少しているが、
    武器屋で普通に販売されるため入手が容易という点と、
    武器練成で強化出来る様になったので今まで以上に無双、地雷プレイに利用される様になった。
    武器節約のスキルを組み合わせると更に安定性を上げられる。

    HP吸収の効果を持ち、威力、命中ともに優れる上位武器インバースの暗闇が登場した。