リリーナ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

リリーナ

封印の剣で仲間になる魔道士。リキア同盟の盟主オスティアヘクトルの一人娘。
封印のメインヒロインと言って良い扱いで、
顔グラフィックも紋章の謎のヒロインのシーダを意識しているように見える。
シーダにはかなわないがゴンザレスガレットの2名を説得で落とすことが出来る。
またロイとの支援レベルをAまで上げていると
EDのギネヴィアの即位式の件がリリーナとの会話に変更される。

オスティアへの駐留武官として赴任していたセシリアに魔道の才能を見込まれ指導を受ける。
魔道の勉強に忙しかったのか、判断が甘かったり世事に疎い面がしばしば見受けられる所から、
領主としての教育はあまり受けていなかったようだ。
ヘクトルはロイを婿に迎えて政治を任せるつもりだったのかもしれない。
しかし父の戦死を受けてオスティア家ひいてはリキア同盟盟主の座を引き継ぐ事になり、
その責任の重さに困惑しながらも働いていく事になる。

戦力としては、天賦の才能を持つと見込まれるだけあって
魔力の成長率は封印の仲間になるキャラの中で最高を誇り、
育てると攻撃・回復と大忙しになれる。
しかし魔力特化タイプなので他の能力の伸びはあまり良くなく、
注意深く運用しなければいけないか。
リリーナ+サンダーストーム】の項目も参考にしてもらいたい。

支援会話はロイ・マーカス・ボールス・アストール・ウェンディ・
バース・オージェ・ゴンザレス・セシリア・ガレットと非常に多い。
セシリアには恋愛相談はしないのに、
無骨者のマーカスを恋の相談相手にしている辺り、
潜在的にセシリアをロイを巡るライバルと思っているのかもしれない。