リン


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

リン

烈火の剣に登場する三人のロードのうちの一人。リン編の主人公で、外伝以来の女主人公となる。
サカ地方ロルカ族の出身で、族長のハサルと、彼と駆け落ちしたキアラン侯爵ハウゼンの娘マデリンの間に生まれる。
本名は『リンディス』で、ハウゼンの妻の名前をもらっている。
リン編の半年前に、タラビル山賊団によって飲み水に毒を仕込まれてから襲われ、
部族を滅ぼされた過去を持ち、ずっと一人で暮らしてきた。
ある時行き倒れていた軍師見習いの者と出会い、山賊を協力して退治したのをきっかけに旅に出て、
セイン達やフロリーナなどと会ってリンディス傭兵団を結成。
その道中、自分の祖父であるキアラン公ハウゼンがラングレンに毒殺されようとしている事を知り、
これを阻止する為に戦って勝利、キアランに帰還して祖父と再会した。

性格は気丈で正義感が強く、自分の過去のせいか他人の家族に関する苦しみに敏感で
タラビル山賊団を滅ぼそうと考えているため、誰よりも強くなろうという気持ちが強く、自分を少しも甘やかさない。
キアラン後継問題を解決した後は公女となるが、心の底では草原での暮らしを望んでいる。
天馬騎士のフロリーナとは大の親友。
年齢はリン編当時で15歳だが、胸や太ももなど体の発育が良く、
しかもスカートにかなり深いスリットが入っているので年齢以上に見える。

支援が組めるのはエリウッドヘクトルフロリーナラスケントウィルワレス
その中でエリウッド・ヘクトル・ラスと組むとそれぞれロイリリーナスーの母親になる可能性がある。
他にケント・フロリーナともペアED有り。
また実際の所は違っていたのだが、容姿が似ている事から烈火発売前はフィルの母親ではないかとよく言われていた。
エリウッドとヘクトルはエリウッド編29章、もしくはヘクトル編31章の外伝「戦支度」までに支援Aにしておくと、
「話す」コマンドで特別な会話が見られる。

見た目通り剣士系の成長をし、技と速さ、また幸運がよく伸びるが、
HP・守備が伸びにくく打たれ弱いので前線を支えるという任務にはあまり向いていない。
ゲームを進めていくと能力面や支援で回避が上がっていき、弱点はある程度を補えるようになる。
さらにクラスチェンジでブレイドロードになると弓が使えるように。 弓はリンのタイプと相性が良いのでより活躍が出来るようになる。
専用武器「マーニ・カティ」はアーマー・騎馬特効に加えて高い必殺率を持った高性能武器になっていて、
特にリン編では(三すくみには気をつけないといけないが)切り札として使える。
逆にもう一個の専用武器「ソール・カティ」は性能がイマイチな上に演出で設定ミスと残念な武器になっている。

関連
大乱闘スマッシュブラザーズ