ルゥ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ルゥ

封印の剣に登場する魔道士。年齢は13歳で属性は炎。後日談での称号は『理の申し子』。
シリーズ恒例の生足の魔道士で半ズボンを穿いている。
チャドと共に登場し復讐と孤児院再興のためにロイ軍に身を投じる。
同じく封印の剣に登場するシャーマンのレイとは、双子の兄弟。
烈火の剣のニノがHP0でも死亡ではなく離脱扱いで、クラスや容姿でルゥとの共通点が多いので
この兄弟の母親はニノであると言うことができる。
同じ魔道士として魔力に特化した成長をするリリーナと比較すると、魔力は劣るがバランス型であり
その中でも技と速さがよく伸びてくれるので攻撃の確実性と高い回避率が魅力。
さらに同じく優秀な魔法系ユニットのレイやヒュウと支援を付けることで
これらの特徴はより大きく伸ばすことができる。

性格は年齢よりも子供っぽく純心で少し天然なところもあって、
レイに対してはおせっかいとも思えるくらいの面倒見のいい態度で接する。
孤児院の院長を失った経験から自分の周りの人間が同じように死ぬことを過剰に恐れており、
レイやチャドに戦場で危ないことはしないように言っている。
同じ理由で単に守られるだけでなく守りたいという気持ちが強い。
また、軍の給仕係に焼き菓子をもらって常に持ち歩いており(戦場でも)、
それをほとんどの支援相手にプレゼントしている。
母親の血が強いせいか顔はやや女の子っぽい。

おっとりしている上、人を過剰に信じるため、天然扱いされる事が多いが
芯が強く、物事をしっかり語れるため、面倒見の良さと相まって、結局チャドやレイからは信頼されている。
おとめ座の性格診断結果を地で行くキャラクターである。
但し思春期に差し掛かっているだけあり、己の感情(特に怒り)を抑えきれず、
それに振り回されがちな一面もあるようだ。