ルーンソード


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ルーンソード

封印~蒼炎に登場する魔法剣。暁ではリストラ。
直間両用、リザイアの効果はシリーズ共通だがそれ以外は作品ごとに違う。

封印では本編では使用できず、トライアルマップでナーシェンが持ってくるのを奪えば使える。
耐久は15しかなく命中率が多少心もとないが、
高めの威力に加えて力依存なので、実は非常に強力な剣だったりする。
必殺も普通に出る為、ルトガー等に持たせるとまさに無双となる。
また、説明では「闇魔法の剣」と書いてあるが、
魔防ではなく守備で計算されるため、司祭などでナーシェンに攻撃を仕掛けると思わぬ大ダメージを受ける。

烈火・聖魔では宝箱などから入手が可能。完全に闇魔法と同じ扱いになり、魔防でダメージを軽減出来る。
だが、威力が「武器威力+力÷2」になってしまった上、必殺が絶対に出なくなり弱体化した。
はっきりいって後半の敵には高いダメージは期待できない。他の武器を使った方がいいだろう。

蒼炎では魔力依存となり、光魔法の剣となっている。当然光魔法と同じ扱い。
耐久は少ないが、必殺は出るようになった。
剣が使えて魔力が高いユニットが多い為、力が伸びて攻速が落ちなければ役に立つ。

シリーズ共通で非売品、入手数が少ない貴重な剣で、中盤~後半にこの剣を持ったボスが出現する。
持ち主が烈火のリーダス兄弟以外まともな人間がいない。いわくつきの剣なのかもしれない。