レナート


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

レナート

烈火の剣に登場する司祭。19(エリウッド編は18)章外伝「魔封じの者」では
マップ右下の遺跡の中に潜んでおり、訪問したユニットに魔よけを手渡して立ち去る。
再登場するのは物語の最後の最後、32(エリウッド編は30)章「背水の戦い」で
マップ左上の遺跡を訪問すると仲間になる。ただし、一定ターン数が経つか山賊に遺跡を破壊されると
二言三言喋って遺跡から立ち去り、仲間にすることはできない。

上級職Lv16での参戦で、ほとんどレベルを上げる余地が無い癖に魔力が異様に低いため
持っているリザーブだけ分捕られて、ベンチで最終決戦を見物する破目になることが多い。
リブロー等による後方支援も出来なくは無いが、それならパントを使った方がよい。
仲間になる時の「大したことはできんが」という台詞は謙遜でも何でも無いのである。
支援会話では彼の正体や過去を垣間見ることができるが、
仲間になるタイミングがつくづく悪く支援を発生させるのがこの上なく面倒臭いため、
彼の支援会話の一覧は灰色一色になっていることもしばしば。
ペアエンドはあることはあるが、その後に影響があるのは相手だけで、どの道本人は失踪する。
わりと救いの無いキャラである。

ルセアとの支援ではルセアの父親を殺害した張本人であることが判明したり、
カナスとの支援ではモルフについて異常な詳しさを見せたり、
ワレスの三十年前の恩人であったりバアトルを拳一つで気絶させたりと、支援では大活躍である。
カナスとの支援とネルガルとの戦闘前会話から、
モルフ作成の実験体となったため人ではなくなったことが判明する。
亡き友人の復活のためネルガルに協力したが、できたのは心を持たないただの人形であったらしい。
その復活し損ねた友人がキシュナだという説もあるが、
魔封じを持つキシュナとはどうやっても戦闘できないため反応を見ることもできない。