レベッカ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

レベッカ

烈火の剣のエリウッド編11章(ヘクトル編では12章)にて登場する女アーチャー
フェレ公爵領のとある村の村長の娘であり、エリウッド達一行による山賊退治への恩返しと、
行方不明の兄を探す為、エリウッド達一行に加わる。
尚、封印の剣に登場するアーチャーウォルトの母親であり、同作品の主人公ロイの乳母でもある。

性格はとても明るくて礼儀正しく、レイヴァンとの支援会話においてはたくましいと称される一面もある。
また、早く大人になりたい年相応な少女の面もあり、ルイーズとの支援会話ではレディの嗜みを学ぼうとした。

ユニットとしての性能を見ると、初期値は多少低めなものの、成長率は守備を除くと速さ幸運を中心に高めである。
中盤以降は容易に追撃が狙え、回避が高い相手にも安定して当てる事が出来るだろう。
は初期値が4、力成長率が40%な事からヘタレる可能性を心配するかもしれないが、
クラスチェンジ時に力が+3される点、自身が力が上がりやすい炎属性である点に加え、
炎×炎の支援効果を発揮出来る支援相手が三人も居る点を考慮すると、最終的にあまり問題はないだろう。
それよりも守備魔防の低さには注意したい。期待値上ではクラスチェンジをしても二桁に届かないからである。
無論アーチャーは前線に出していく兵種ではなく、
主力ユニットの後ろから攻撃していくのが基本なので、あまり問題は無いのだが・・・。
総じて序盤での運用と低めの守備面に気を付ければ、強力な弓兵ユニットだといえるだろう。

支援会話の相手はウィルダーツ、レイヴァン、ロウエンセインニノ、ルイーズの七人である。
この内セイン、ロウエン、ウィルとはペアエンディングが存在し、最後には結婚する事となる。
・・・何気にレイヴァンとのペアエンディングが無いのは意外と言えば意外か。
戦略的面から見れば、レイヴァンとダーツ、ニノ辺りがお勧めだが、
他の支援会話も充分面白いので、ぜひ全て見てみたい所である。