ヤアン


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ヤアン

封印の剣に登場するマムクート。
第24章「伝説の真実」の敵将で、戦闘竜ではない純粋な『竜』。

かつて国王となったゼフィールの前に幻として姿を現し、
竜に世界を明け渡すことを望むゼフィールと手を組むことを決めた。
このエピソードは作中で彼の口から語られるが、
後に烈火の剣の追加エピローグでその一端を垣間見ることができる。

彼が登場する24章では、進軍するごとに何も知らないロイに対して竜の歴史を少しずつ教えてくれる。
そんな何気に親切な彼だが、致命的な欠点がある。
ぶっちゃけ弱いのだ。
今作のマムクートは共通の特徴として間接攻撃が出来ず、総じて魔防がやや低い。
そんなユニットがよりにもよって終章直前で「玉座に居座っている」のだから、どうなるかは言うまでもないだろう。
わざわざ神将器なんて使わなくても、育ったリリーナなんかならファイアー一つで余裕である。
それまでのマムクートには見られない男前な容姿や専用の戦闘BGMは十分格好いいのだが、
このどうしようもない弱さのせいで情けない印象を抱かれやすい。
ちなみに、烈火の剣では玉座や城門の地形効果に魔防+5が追加されている。
もしかしたら彼の犠牲の上に成り立った仕様変更なのかもしれない。

余談だが、彼はそのグラフィックからよく「胸毛」呼ばわりされる。
文字通り胸毛が生えてるように見えるからだが、実際は胸毛ではなく、おそらく刻印の類と思われる。
同時に、その名前の語感が何かを恥ずかしがってる姿を連想させることが併せてネタにされることも。