覇者の剣


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

覇者の剣

(作品としての覇者の剣はこちら
物語終盤でアルが使う武器。読みは「はしゃのつるぎ」。
マグゥが家の中に隠しており、「帰ってきたら渡すように」と伝えられていたニイメによってアルに与えられる。
かつて始祖竜の骨によって作られた、始祖竜に対抗する力を持った武器で、
加えてアルの母親でもある始祖竜のミリィザが死の際に自らをこの剣へと昇華させたため、
考えようによっては神竜の牙で出来たファルシオンとかより凄い武器……なのかもしれない。