ティーナ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ティーナ

覇者の剣のヒロイン。年齢は16歳(回想シーンからの逆算)。
リキア同盟に属するタニア領のお姫様で、ベルンに捕まって処刑されようとしている所をアル達に救出される。
貴族らしい責任感と正義感の持ち主だが、
初登場シーンではアルに杖の一撃を(間違って)食らわせるなど、おてんばで行動的な性格でもある。
杖(ライブ)を使っての回復が主な役目だが、剣の心得もある様子。
終盤ではロイからアーリアルを与えられ、それを実際に使えるあたり魔道の才能もあるようだ。
それまでに光魔法を使った場面は一度も無いが、アーリアルを使いこなすための修行はしていたらしい。
ちなみにクラスプリンセス
剣と杖という武器の組み合わせから考えても、ラケシスを意識したクラス設定だろうか。

後日談では行方不明になってから2年後に突然帰ってきたアルと結婚したらしい。
ガントの立場がないような気もするが、彼は彼で別の相手とくっついたので……これでいいのか?

余談になるが、烈火の剣ではちゃっかりタニアの名前が出てきてたりする。
(リン編9章のエリウッドの台詞。不干渉を約束させた「キアランに隣接する五つの領地」のうちの一つ)