ディートバ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ディートバ

聖戦の系譜に登場する女騎士。クラスはファルコンナイト
北方の王国シレジアの天馬騎士であり、シレジア四天馬騎士の一人。
トーヴェ城主マイオス公に命じられ、クブリ司祭率いる風使いたちのセイレーン城攻撃を
支援するため、遊撃隊として天馬騎士団を率いて出撃する。
同じ四天馬騎士であるフュリーとは会話があるが、王子であるレヴィンとは会話がない。
劣勢時に回避の上がる祈りの腕輪を装備しているが、
弓を使えば一撃で落ちることもザラであるため、あまり役に立つことはない。

トラキア776では彼女の娘ミーシャが傭兵団を率いるペガサスナイトとしてリーフ軍に参戦する。